ぎじゅつ

1554現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

『暗殺神:弑神年代記』攻略:カード紹介

2018-03-18 08:00:17

『Ascension: Chronicle of the Godslayer』(アスsion: Chronicle of the Godslayer)は、剣と魔法のファンタスティックなゲームです。2 ~ 4人で対戦でき、プレイ時間は30分程度です。2011年には、公式ライセンスで作られたゲームがiOSデバイスでプレイされました。iOS版は画面や対戦システムに優れていますが、タッチ操作が非常に適しているため、簡単にルールやカード説明、AIとの対戦、ワンプレイでの対戦、オンライン対戦(非リアルタイム対戦対応)など、友達同士で遊ぶのが苦手な人でも簡単にプレイできます。

手順/方法です。
1

次に、3つの基本的なカードタイプを紹介します。

2

1.英雄:英雄の牌はルーンで獲得して、更に手札の形式で出すことができて、私達の求めたのです、たとえ1群の烏合の衆でも募集して更に高級な英雄と小さい怪獣を打ち負かすことができます……ただし、全てのヒーローが直接他のヒーローやモンスターを募集できるわけではありません(強力な特殊なものは除外します、カードの紹介を参照してください)彼らは通常または栄誉を得ることができます、彼ら自身も栄誉を含みます(プレイヤーの最後に決済します)。

3

4

2.神器:神器の牌は同様にルーンで獲得して、更に手牌の形式で神器を装備することを実現することができて、主にプレーヤーの毎巡でいくつかの有益な補助の効能(牌をつかんで、費用を下げるなど)があります。神器牌自体にも栄誉が含まれています(カードの最後に精算されます)。

5

6

3.モンスター:モンスターカードは戦力で倒すことができます。モンスターカードを倒すことで報酬が得られます。可哀想なモンスターは倒された時点で虚空区に追放されますので、ゲームの最後に精算できるものは何もありません。

7

8

3種類の基本的なカードを紹介したところで、順番に分けていきます。

9

10

プレイヤーコントロールエリアの具体的な図は以下の通りです:プレイヤー自身の手札と関連情報を表示して操作します。基本的にはクリック、ダブルクリック、ドラッグで操作します。手札をダブルクリックすることで拡大でき、デッキ、捨てデッキ、アーティファクトバーをクリックすることで展開できます。

11

12

自分の経験から学べることです

13

14

交渉相手メッセージ:いろいろなところに目を通すことができます。敵を知り己を知れば百戦危うからず。

15

16

最後にカードの使い方を図解しておきます。

17

18

ゲーム開始時の最初のセットは、8人の見習いと2人の民兵からなる10枚の初期セットです。徒弟がルーンを出すと、英雄を募集したりアーティファクトを探したりすることができます。民兵は怪物を倒すためのもう一つの戦力を提供します。全てのプレイヤーが獲得するたびに、グローバル名誉プールにある名誉を消費します。グローバル名誉プールがゼロになった後、一人一人が同じターン数を行った場合、相手のカードに点数をつけます。

19

さらに自分のデッキを構築したり、モンスターを倒して栄誉やその他のボーナスを獲得したりと、どのように遊ぶか自由度が高いので、興味のある方はゆっくり模索してみるといいでしょう。

20

それぞれのカードやその他については紹介しませんが、ここではアプリ『暗殺神助手』をお勧めします。両方のアプリがあります。これはカードの公式アプリです。詳しいカードの中国語資料があり、アプリ商でダウンロードすることができます。

推奨情報