ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

アラスカの下痢のよくある原因です

2018-03-20 06:24:37

一、消化不良これは最もよくある下痢の原因で、特によく半歳以下のアラスカ、単純性の消化不良も温泉便と呼ばれます。1:食べ物を交換する小さいアラスカの胃腸はとてもデリケートで、消化系統がとてもデリケートなため、その上また多くの消化酵素が不足して、子犬の3ヶ月以下の時缶詰あるいは単純な肉類を食べるのはとても消化不良を引き起こすことができるのです。消化が悪いと下痢になり、そうでないと脱水症状を起こして危険です。ぜひ、この状況をよく見てあげてください。何も病気にかかっていないという確信があれば(家庭環境も食べ物も衛生的で、犬も免疫がある)、缶詰や肉などの消化の悪い食べ物をやめて、1日2、3回でいいので、1日のうちに効果が出るようになります。

工具/原料です

また、このような場合は、「ママラブ」(多乳菌散、薬が入手可能で、乳児用のものです。)を試してみましょう。1日2回、粉末状にドッグフードに混ぜたり溶かしたりしても、エメラーゼ生と同じ効果が得られます。また、「整腸生」にもその効能がありますので、3つの中から便利なものを選んでください。必要であれば食事をコントロールして、まず1日ぐらいお腹を空かせて、その後も毎食食べさせすぎないようにして、おなかを整えて、このような場合の下痢に緊張しないように調節することが大切です。

方法/手順です

2:風邪を引いて季節の変わり目になると、気温が変わり、多くのアラスカで下痢が起きやすくなります。一般的には、精神、食欲が変わらない限り、天候が急変したり、風邪が原因で下痢になったりすることが考えられますが、適宜アラスカの保温と消化を調節しましょう。3:寄生虫は薬を飲んで虫を打つ必要があって、最も良い先に病院に行って便の検査をして、更に標的を絞った薬品を使います。また、寄生虫による下痢で、BBの中に血走ったものが見えることがあります。逆に、このようなBBが見えたら、化学的に確認したほうがいいです。3か月に1回、虫よけを徹底して行うことをおすすめします。アラスカ下痢で大切なのは、精神状態や食欲を観察することです。あまり変わらなければ胃腸の調子を整えてあげましょう。発熱や体調不良があれば炎症があると考えられますので、上記の腸炎の治療法を参考にしたり、病院で診察を受けて治療を受けるとよいでしょう。

注意事項です

4:腸炎の症状は下痢に加えて、アラスカの精神状態も良くなくて、体温が高くなります。この場合のアラスカの症状は犬伝染性腸炎(コレラ)と非常に似ています。アラスカに免疫があることが確認できたら、次の方法で治療しましょう。ゲンタマイシンの経口投与が可能です薬は2ミリリットル入りで8万単位が一般的ですが、2万単位を1日2回飲みます。服用してから約1時間後には、アラスカに消化を助けるために、エメラーゼやマミーアイなどの生きた菌類の消化剤を与えて、猫の消化能力を回復させます。アラスカの下痢を止める薬「スミタ」を買うこともできますが、慶大と違って物理的に菌を体外に持ち出すことができます。

推奨情報