ぎじゅつ

865現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

ジュエリーの種類別の説明のポイントです

2018-04-04 14:24:12

本記事では、ダイヤモンド、有色宝石、真珠、玉石の要点と見分け方を紹介します。

工具/原料です
1

ダイヤモンドです

2

色のついた宝石

3

真珠です

4

玉です

要点を紹介します
1

ダイヤモンドです

2

異なる標準、GIA、CIBJO、HRD、IDCなどによって、ダイヤモンドを記述し、等級をつけます。一般的には以下のようなものが含まれます。

3

(1)成因:ダイヤモンドが天然または合成であることを指摘して、最適な処理と処理方法を経ているかどうかです。

4

(2)カラット重量:実際のダイヤモンドの重さを明記し、直接量ったものなのか、測った上で公式を用いて量ったものなのかを示します。

5

(3)色の等級:関連の標準によって、ダイヤモンドの色の等級を確定します。

6

(4)クラスタレベル:関連の基準に基づいて、ダイヤモンドのクラスタレベルを決定します。

7

(5)カットレベル:関連する基準に基づいて、ダイヤモンドカットのレベルを決定します。

8

色つきの宝石です

9

一般的な有色宝石格付け基準(GIA GemDialogueなど)を使用して、有色宝石の記述と格付けを行います。一般的には以下のようなものが含まれます。

10

(1)宝石の種類:その有色宝石はどんな宝石ですか。

11

(2)宝石の成因:指摘の宝石は天然の、合成の、模造のあるいは合わせて、処理と処理の方法を最適化するかどうかです。

12

(3)宝石の色:宝石の色(色、明度、彩度を含む)および色分布の特徴を記述します。

13

(4)宝石の純度:有色宝石の純度の特徴を記述します。

14

(5)カットタイプ:宝石のカットタイプと特徴を記述します。

15

(6)カラット重量:実際の宝石の重さを明記し、直接量ったものなのか、測った後、公式を用いて計算した重さなのかを示します。

16

(7)宝石サイズ:宝石のサイズを記載します。「最小直径x最大直径x深さ」の形で、単位はミリです。

17

(8)透明度:宝石の透明度の特徴を表します。

18

(9)特殊光学現象:特殊な光学現象を持つ宝石に特化した記述です。

19

真珠です

20

記述される内容には、一般的に以下の態様が含まれます。

21

(1)原因のタイプ:真珠の原因のタイプを説明して、真珠は天然、または人工養殖です。

22

(2)の量:真珠の単粒、または真珠の房の評価は、真珠の具体的な量を説明する必要があります。

23

(3)サイズ:真珠の直径の大きさは、ミリメートルの計量単位です。

24

(4)形状:真珠の外形形状の特徴です。

25

(5)色:真珠の体色と伴色の特徴です。

26

(6)ぼかし:真珠の表面のぼかしが特徴です。

27

(7):真珠の表面に特有の特徴があります。

28

(8)キレイ度:真珠の表面のキレイさです。

29

(9)真珠層の厚さ:真珠の表面の珠層の厚さです。

30

(10)真珠の他の特徴:真珠のネックレスは、真珠の組み合わせを説明するには、ビーズの長さ(バックル長さを含む)、ビーズの長さ(バックル長さを含まない)、数、配列、バックルのタイプなどです。

31

玉です

32

記述される内容には、一般的に以下の態様が含まれます。

33

(1)玉の品種:玉の名称です。

34

(2)原因:処理と処理方法を最適化するかどうかです。

35

(3)様式:玉石の外形形態の特徴を記述して、原石、素面形、数珠、彫刻品などです。

36

(4)サイズ:玉のサイズと重さです。

37

(5)色:玉の表と色の特徴、分布状況、均一な程度です。

38

(6)構造の特徴:玉の粒の大きさ、緻密さ、均一さです。

39

(7)透明度:玉の透明度(水頭)の特徴です。

40

(8)疵の程度:玉の時計にひびがあるかどうか、体を包みますなど。

41

(9)時計の清潔さ:玉の時計の清潔さの特徴です。

42

(10)その他の特徴:玉の彫刻については、彫刻の技術、作品のタイプとテーマ、デザイナー、製作者などを記述する必要があります。

推奨情報