ぎじゅつ

1890現在のオンライン
130今日の読書
43今日のシェア
多言語ディスプレイ

髪をこのいくつかの色に染めて,肌色を選ばないようにします

2018-03-18 16:01:00

ネット上でよく見かけるネットレッドは、浅草緑やインディゴブルー、ラベンダーパープルなどの色が美しく、個性的ですが、誰もが乗りこなせるわけではありません。あなたが十分に白であることが前提です。今日は肌の色を選ばず、誰でも染められる色についてお話しします。

工具/原料です
1

髪の毛です

2

染料です

方法/手順です
1

1、赤キャラメル色黄色と茶色がかった色に赤を加えると赤キャラメル色になります。太陽の光の下では赤みが目立ち、血色もよく見えます。また、色白にも見えます。黄色い肌の方はぜひ試してみてください。この色は、ダサいとは言わないし、おしゃれだし、着やすい色です。

2

2、灰褐色は染色業界で言えば比較的深い色です。暗い所や光の下で見ると、高級な感じがします。灰褐色度が悪くないので、染料の後は全体的に少し欧米風です。黄皮の女性も白皮の女性も似合います。

3

3、青茶一部の女性は青色を蒸すことが好きで、しかしまた試みないで、この種の青茶を選ぶことができて、しかも漂髪が必要ではありません。春夏にぴったりで、とても爽やかに見えます。

4

4、この色をリネンゴールドに染めた女の子は、とても優しく、控えめに見えます。黄色の皮も白の皮も合います。リネンゴールドは色艶がいいので、髪質の悪い方にオススメです。

5

この色は年齢を選ばず、サラリーマンや学生にもお試しいただけます。若々しく、活発な感じがします。また、黄色の皮ならお試しいただけますが、白い皮ならなおさらです。

6

金栗色は見た目には明るい色ですが、黄皮の女性が染めると少しも黒っぽくならず、逆に白っぽくなります。さらに年齢を落とし、若々しい印象を与えてくれます。

注意事項です
1

1年以内に2回以上髪を染めないように注意してください。発がん性があります。

2

髪を染める前に、耳元の髪にアレルギーがないか試してみます。

推奨情報