ぎじゅつ

1953現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

11親子旅行の攻略法です

2018-04-08 08:00:39

瞬く間に国とのお祝いの時間にもうすぐ着いて、これは私達のせっかくの小さい長期休暇です。各学校の小学生も自分のお父さんとお母さんは同じ休みの時間を持っていて、多くの子供の親は仕事のために子供と感情を疎通することができなくて、だから国慶節に子供を連れてあちこち歩いて、世の中を見てみるのはやはり悪くない選択です。首都に行ってみたいと思いませんか?では、11 ~ 2日間の親子攻略です。

工具/原料です
1

交通机関:高速鉄道の切符です。

2

生活用品:コップ、タオル、歯ブラシなどです。

3

自撮り棒や充電器などの必需品です

重要な観光地です

中国の首都ですから、私たちはそこへ旅行する必要があります。今は子ども連れですから、どこに行くのかを調べたり、行くと翌日になってしまうのでホテルを探したりするなどの準備をしておかなければなりません。観光地としては故宮、天安門広場、毛主席記念堂などがあります。ENDです

高速鉄道に乗ります。
1

両親はまず故宮に行って、それから天安門広場に行って、最後に毛主席紀念堂に行くことを決めました。今からチケットを購入してください。10月1日まで購入できます。そこから約6時間、車の中で子どもの生活や勉強の話などをすることができます。

2

G102の高速鉄道を利用すれば、昼の12時には到着します。食事をした後、タクシーを呼んで故宮の近くのホテルで午後2時まで休んでから、子供を連れて故宮を見に行くことができます。

重要な観光地を紹介します
1

故宮は現在、南門、北門、東門からしか入ることが許されていません。もしも自分に無駄な道を歩かせたくなければ、親は南から北へ行くことを考えてもいいでしょう。景山では故宮の全景を見ることができます。約30分景山で過ごし、神武門から故宮に入り、午門から出て、途中で自撮り棒を持って家族と写真撮影をしましょう。故宮を全部回るには3 ~ 4時間はかかるでしょう。それから更に南へ行くと、毛主席紀念堂が見えます。毛主席紀念堂の中で多くの歴史上見たことがあることを見ることができて、また偉大な指導者の毛主席の像を見ることができます。

2

翌朝8時に天安門広場を見学することができます。天安門広場は中華人民共和国の首都であり、国旗がきらきらと輝く場所です。故宮の南端、天安門広場や人民英雄記念碑、毛主席紀念堂、人民大会堂、中国国家博物館と通りを挟んで向かい合っています。傑出した建築芸術と特殊な政治的地位で世界に注目されています。そこであなたは愛国の沖働があることができ(ありえ)て、同じく思わずの毛主席の画像に敬礼します。だいたい11時半くらいまでそこにいました。

3

お酒やホテルは12時までにチェックアウトするのが一般的ですから、それまでに親が急いで荷物を片付けて、お金の無駄遣いなどを防ぐ必要があります。タクシーで帰路につくので、帰りは夕食になります。

注意事項です
1

迷子にならないよう,子供の安全に気をつけてください

2

この期間にきれいな写真をたくさん撮ることを忘れずに旅行に行ってきました。

推奨情報