ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

私の専門知識を公開して,あなたをラグジュアリー鑑定士にします

2018-04-05 04:48:15

現在、中国で赘沢な皮製品を消費する人は非常に多く、世界でトップです。残念なことに、多くの消費者は赘貨の意味を理解しておらず、国際ブランド品の価格が法外に高いから赘貨だと思っています。実は赘沢の意味はそんなに簡単ではなくて、国際的なブランド品だと思わないでください、価格が十分に高いのはぜいたく品で、品質は保障されましたか?とても責任を持って言う、多くの国際一流ブランドの専売店の中で販売するいわゆるぜいたく品、彼らの製作工程は全然ぜいたくの標準に達しないで、大部分はすべて工業技術の標準です。いくつかの有名なブランドの使用した革も非常に一般的に達していない国際一流の革、革の王ワニのバッグを持って、働かして何万何十万一件、これらのいわゆる革の王贅沢ワニのバッグの品質はどのようですか?誰も知りません。ほとんどの消費者は、どのワニの皮が品質の基準なのかを知らないからです。ある大手ブランドの売り場でワニのバッグを見て、どう見ても不愉快な思いをした時、販売員にこのワニの革はどうですかと尋ねた時、販売員は自信を持ってこれが私たちのスタイルだと教えてくれた。この時あなたはまだ恥ずかしくて自分が品物を分からないと感じて、消費者が分からないため、ごまかしてあなたにこれが今年のこのブランドの新しい出た1種の風格のワニの皮ですと教えます。実際に上質なワニのバッグが静的に置かれていて、それはラグジュアリー、高級、迫力などの視覚的な雰囲気を醸し出しています。名実ともにブランド品の皮には3つの固定された指標があり、最も難しいのは第1の指標が製造工程です。2つ目は主材料です第三はアクセサリです。まず主材料といえば、ワニの革のバッグのように主材料はワニの皮ですから、主材料の品質は上質でなければなりません。ワニ革の優劣は、消費者が最も区別できないので、大手ブランドの専売店でワニ革のバッグを見ると、当然上質なワニ革で作られていると思います。実際にワニ革のバッグはぜいたく品なのでしょうか?ワニのバッグの中には、良い革のバッグほどコストがかからないものもあると言っても過言ではありません。まず自分の以前の認知度の観念を変えなければならない、事実は今のワニの皮は牛の毛のように多くて、もう一概には言えません、良質のワニの皮は市場で確かに非常に希少です、希少だからこそ大量の粗悪なワニの皮が出てきました。なぜなら、ワニの皮の作り方が、びっくりするほど進んでいるからです。まずは、現在市販されているワニ皮がどのようにして作られたのか、現在のワニ皮の5つの製造工程ではどのように品質が違うのか、大まかに見ていきます。もし、ワニの皮が珍しいのは、養殖の成長が遅れているからだなどと言っている人がいるとしたら、それはでたらめかウソです。タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、インドネシア、ニューギニア、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどに多くの養殖場があり、養殖の成長速度は、いわゆる成長が遅いわけではありません。まず、ワニの養殖は2つの養殖方法に分かれて知っている、1つは飼育されているが、1つは群れで飼育されている養殖場の大部分は、国際的な贅沢品の買収やコントロールされているワニの高価値の商業利用を主な目的として、群れで飼育されている食用を主な目的として、補助的な商業利用です。商業利用の養殖コストは非常に高いと環境要因の影響を受けて、食用の養殖コストはとても低くて、養殖環境条件もそんなに制限されていないので、2種類の養殖コストの差はとても大きいです。飼育されているワニは、主にそのままにしておき、おなかの部分に摩擦による傷をつけないようにしています。ワニを飼育するには、さまざまなサイズのサイズに分けて飼育しますが、これはワニの皮のサイズを変えるためです。歴史的に、国際的に良質のワニの原皮は、ベトナム、タイ、カンボジア、マレーシア、インドネシア、ニューギニアなどの国の養殖業は、ほとんどの方法では、養殖のために、魚の池を修正するだけでなく、できるだけ滑らかなワニの腹の損傷を減らすことができます。そんなワニの原皮でも、世界的なブランド品に買い戻され、基準に満たないものは市場で販売されています。この種の皮はまあまあで、国際一流のワニの皮には達しませんが、この品質は国際のいくつかの二三線のブランドにとっては十分です。何しろ上質のA級ワニの皮は昔から供給が不足しており、価格も高いので、普通の二三線のブランドは使いません。ここ数年、中国市場に急に多くのワニの皮が出てきました。生産地は、フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリア、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、カンボジア、中国本土など、様々なスタイルのワニの皮です。価格差がとても大きいです。グローバルな経済統合と強力なインターネットの時代には、ビジネス情報は瞬く間に世界中に広がります。ワニの皮は、中国市場では、巨大な市場の台頭は、世界のワニの皮メーカーに焦点を当てて、シンガポール、フランス、イタリア、米国、オーストラリアなどの国は、中国の市場シェアを奪うために輸出されている、ワニの皮の品質は良いですが、開始B級C級(B級C級はワニ皮の腹にある小さな穴の傷を等級化したもの)の原皮に注目しました。ワニの原皮の基準は、ワニの前脚、後脚、お腹の真ん中あたりに、目立った傷や穴がないかどうかで判定し、大きな傷や穴がない場合はA判定とします。傷や穴があった場合は、傷や穴の大きさでBCランクになります。昔はワニの皮を作る技術や化学が今ほど強くなかったので、原皮の傷や穴、キズがどうなっているのかが、より鮮明に見えました。ワニの皮は、穴が開いて傷だらけのものが一番苦手なので、ほとんどが積荷です。養殖場でワニの原皮を購入する際には、それぞれの養殖場で少しずつ違うだけで、A級やB級の原皮だけを購入することはできません。ワニの原皮の購入は、高価ではありませんが、高価な場合は、100枚の購入で60 ~ 70枚が滞積し、30 ~ 40枚しか販売されていません。これまでのワニ生地は利用価値のないワニ皮で、表面に擦り切れた毛や穴などが目立つため、廃皮扱いになっていました。で今の皮制の工芸先進ほど強かった、このような抷皮の根本は何でもない、この枚より差を作ったように完璧に皮が来ます。どのように作るかは大体の染色を知っておく必要があります。うちのワニ革はフランスやイタリア産のものを輸入していて、100%水染め、エルメスと同レベルだとか、ネットでワニ革製品を売っている家ではよく言われます。実際にはいわゆる純粋な水の染色法はありませんが、任意の働物の皮の染色はほぼ同じで、染色方法はドラム、乾染、油染、槽染、伝統的な純手染などのいくつかの種類がありますが、現在の国際的な染色方法のほとんどはドラム染と乾染の2種類です。

推奨情報