ぎじゅつ

1061現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

マジックで素材をどう表現しますか

2018-03-14 09:36:32

マーカー初心者は、まずマーカーの使い方と材質を学ぶ必要があります。ここではマーカーを使って金属製、透明製、プラスチック製、木製のグラスを表現する方法を紹介します。

工具/原料です

マーカーメモリーペンシル黒色鉛高光沢ペン

方法/手順です
1

最初は黒鉛で原稿を書き、線は必ず連続させて、形が基本で、形が違うと全体がおかしくなってしまうので、描き終わったらペンで縁取りをします。

2

マーカーは金属素材を表現します。金属はコントラストが強く、反射があります。金属製のグラスの中央にtouch120で縦に明暗の境目を描き、WG4、WG2でつなぎます。最後に左にライトブルーのマーカーで反射を表現します。

3

マーカーで透明素材を表現します。ガラスは透明で、透明でないと見えないものが透けて見えないんです。透明素材のカップは「透明」の字を意識して二重に描き、片方は上部の縁を深く、下部の縁も適度に深くして、明暗の境目を意識します。

4

マーカーはプラスチック素材を表現します。プラスチックは、金属よりも光の反射が弱く、ハイライトが強い印象を与えます。プラスチックのコップは、よく見ると反射色が薄いので、これを意識して描くといいですし、プラスチックのハイライトは高いペンを使います。

5

マーカーで木を表現します。木には木目があります。木の材質のガラスを塗る時、まず薄い色の103、104で下地を敷いて、次に濃い色の102を使って、それから色鉛筆で木目を描いて、木目が条理があることに注意します。最後に薄い色で敷くと、木目が自然と色に溶け込みます。

6

ハイライト部分をハイライトします。それぞれの素材を描き終わったら、ハイライトペンで仕上げてハイライトを描くことを覚えています。

注意事項です

もしこの経験があなたに役に立つと思いますならば、【投票】をクリックして小編を支持してください。

推奨情報