ぎじゅつ

185現在のオンライン
130今日の読書
43今日のシェア
多言語ディスプレイ

りんごの電池の健康度はいくら交換が必要ですか?

2018-03-28 20:48:49

アップルはバッテリーの健康度が80%を切るとダウンしますが、もちろん健康度だけが要素ではなく、デバイス温度、バッテリー量、バッテリーインピーダンスの3つの変数を総合して、CPUやGPUなどの最高性能を動的に調整しています。

方法/手順です
1

バッテリー容量が落ちる原因バッテリーは消耗品で、バッテリーが稼働している間は常に内部で充電や放電といった化学反応が行われており、その過程で消耗は避けられません。

2

電池を使っていると、リチウムイオンが次々に「ロック」されて、どんどん小さくなっていきます。これも充放電の回数が増えることで、バッテリーの性能が低下する原因です。

3

電池交換はいつですか?アップルの公式見解によると、通常のiphoneのバッテリーの設計では、500~800回の充電サイクルでバッテリーの健全度は80%程度になる可能性があり、それを下回ると耐久性が低下し、バッテリーの内部抵抗が増えることで「ダウン」が発生し、動作速度が遅くなる可能性があるため、この時点でバッテリーを交換すべきだとしています。

4

オリジナルのバッテリーですか、それともサードパーティのバッテリーですか?通常、元の電池を交換する方が「確実」です。一部の大容量の電池は、容量は高いが、「耐久性がない」ため、何度も充放電サイクルを経た後、消耗が激しく、電池性能の低下が速いです。

5

しかし、オリジナルのバッテリーは2つのポイントが不足しています:第一:価格が高い、オリジナルのバッテリーに比べて、サードパーティのバッテリーは150以内で、価格は安い;第二:交換手続きが面倒で、原装の電池を交換する必要がありますに対して全面的な検査を行って、待つのは時間が長くて、第三者の電池を買ってすぐ交換して、待つ必要はありません。

6

古い機種であればサードパーティ製のバッテリーに交換したほうが得かもしれませんし、新しい機種であればオリジナルのバッテリーに交換したほうが確実だと思います。

推奨情報