ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

シンガポールビザの手続きはどうしますか

2018-03-21 19:12:20
1

プライベートパスポートとシンガポールから発行されたIPA(InPrincipleApproval)の入国許可を持って新規に渡航する場合は、原本でもネットでダウンロードしたプリントでも可です。ただし許可の申請書を持っているだけでは通関できません。申請書に記載されているシリアルナンバーに従って、該当サイトで許可をプリントアウトしなければなりません。

2

個人旅券とシンガポールの身分証を持って出国する旅客に対して、国境警備の検問所は普通許可しません。シンガポールの身分証明書を持っている中国人は、シンガポールに何度も入国する許可書を持っていなければなりません。

3

また、個人旅券や電子ビザ(e-visa)や入国許可証(IPA)のコピーやファックスを持って出国したが、文字が曖昧なために真実性や有効性が確認できず、拒否されることも多いようです。留学専門家は、出国前にその内容を確認し、パスポート、氏名、生年月日などを確認するようアドバイスしています。

申請手順です
1

申請者のパスポートは少なくとも6か月間(出国日から)有効で、少なくとも1枚の白紙のページがあります。

2

英語で書かれた14の用紙2枚(1、2ページ目はそれぞれ記入し、3ページ目は本人のサインと日付が必要です)。申請用紙にはパスポートサイズのカラー写真を1枚(計2枚)添付します。

3

申請者が休暇を取得することに同意し、申請者の在職期間、職務、給与などを説明する手紙を発行します。用箋に記載の件名、住所、ファックスを記載します。便箋には印鑑が必要です。

4

2インチのカラー近影は14の表に貼ります。写真は次の要件を満たす必要があります。

5

4ヶ月以内の接写で、写真サイズは35mm(幅)、45mm(長さ)です。正面免冠(特別な宗教や風習によって帽子やアクセサリーの着用を要求される場合は、帽子やアクセサリーで申請者の顔の特徴を隠してはいけません)。顔のサイズは25mm(幅)、35mm(長さ)です。白い背景です。

6

観光ビザは発行日から5周間有効です。ビザ所持者は5週間以内に何度もシンガポールに出入りすることができます。1回の滞在日数は、シンガポール移民局の役人が決めており、最大で30日までです。

7

ビザの手続きは3営業日です。

8

申請者が仕事をしていない場合は、十分な資金があることを証明する書類を提出する必要があります。(例:本人の通帳または預金証明書の原本とコピーです)

9

申請者が中国にいるシンガポール市民またはシンガポール永住者によって保証される場合は、上の3、4条の規定を押す必要はありません。しかし保証人が直接大使館に申請を提出しなければならなくて、そして提供して埋めたV39A表と保証人の身分証のコピーです。

注意事項です

ビザを発給するかどうかはシンガポール領事館の基準です!いかなる単位及び箇人もビザの通過を認める権利がありません。

推奨情報