ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

腕時計の選び方はどうですか

2018-03-30 20:48:56
1

貧乏は車を、富は時計を、という言葉がありますが、これには一理あります。しかし実際にはコックも時間を把握したいという欲求を常に持っているので、まず明らかにしなければならないのは、なぜ僕が時計を買うのかということです。

2

一般的な時計は、機械式、クオーツ式、デジタル式に分けられます。デジタル時計は基本的にカシオが一人で作っていますが、ガーミンカミングやソンタクなどは機能性時計で、時計以外の機能も充実していますので、この記事では取り上げませんが、バンドの材質については後述します。

3

クオーツ時計といっても、基本的には日本のブランドが支配していますが、カシオやシチズン、セイコーなどは、時計やムーブメントを販売しており、デザインもデザインも後述する機械式時計とほぼ同じです。ウォッチもクオーツ時計の世界では主力でしたが、デザインは基本的に女性向けで、男性向けではあまり目立ちませんでした。また、時計遊びをする人にとって、クオーツ時計は時計を刻む道具としか言えないので、男性にはあまりお勧めできません。クオーツ時計の大きな利点は、正確で、非常に正確ですので、常備しているクオーツ時計は日付と曜日機能を備え、オールスチール構造で、ベルト優先です。このセイコーライトムーブメントです。だからこそ、クオーツ時計が外れていても、基本的にはゴミと変わりません。私は自分のクオーツ時計の着用場面が多くないことを考慮して、毎回クオーツ時計を着用して、すべて密接に具体的な時間を気にしなければならない場面なので、単純化して、この超薄型のシチズンは秒針の光運働がありません。

4

以前セイコーフォトムーブメントの記事でも書いたように、このタイプの時計は使い勝手がよく、どんなコーディネートやシチュエーションでも間違いないので、ぜひ用意しておきたいですね。

5

このタイプが気に入らなければクォーツ時計を用意し、このタイプが気に入ったら自動式の腕時計を買って日常的に身につけることができます。

6

それでは機械式時計の話になりますが、まずは機械式時計の価格を左右する要因についてお話ししましょう。

方法/手順です
1

ブランド、産地です

2

ある意味、ブランドより産地のほうが大事です。たとえば、インドの某ブランドであれば、いくらいい広告を出しても、興味を持ってくれる人は少ないでしょう。逆に、ドイツの本格的な時計は、あまり説明しなくても、実物を手に取ってもらっただけで、すぐにお値打ちを感じることができます。もっとも価値のある産地はスイスで、ほかのフランスやイタリアにもブランド品はありますが、スイスには太刀打ちできません。日本製と国産ですか。それらはまだ「当たるか当たらないか」の要求にとどまっています。

3

ブランドのランキングはネット上にたくさんありますが、小異といえば、ヴァシュロン・コンスタンタン、パテックフィリップ、ジャガー・ジャガー、ブレゲなどの最高級、ロレックス、カティア、ペナハイ、オメガ、万国次点、帝舵、ロンジン、ホイヤー、レーダ、ハミルトン、メドウ、ティソ、セイコー、シチズンなどなど。本人がよく知っているブランドについて、一言コメントがついていますので、後で見てみてください。

4

材質です

5

これももちろん、見ればわかります。ダイヤモンド、プラチナ、ゴールドなどを時計にのせると、自然と値段が上がります。ただし、注意が必要なのはミラーです。サファイアやミネラルガラスが一般的で、昔はプラスチック製のものもありましたが、今はあまり見かけません。サファイアは鉱物ガラスよりいいと言われますが、実際にはあまり差がないような気がして、わざと差をつけているような気がします。

6

ムーブメント

7

一般的にスイス製時計はETAムーブメントですが、スウォッチの機械式時計のほとんどはETAが製造しています。ETAもスウォッチ専用のムーブメントを製造しているからです。最も一般的な2824-2は天下を包み、数千から数万の表裏が見られます。ただし、同じ2824でも後磨きや再加工で価値が出てくるので、間違って買ったもの、間違って売ったものがあることは覚えておきたいところです。

8

ただし、価格を左右するのは素材やムーブメントですから、あえてミラーやムーブメントのサイズを前面に出してアピールするのは格好よくありません。

9

外観です

10

時計の見た目は人によります。甲の蜜、乙の砒素。人の時計が美しいとか、醜いとか、そんなことを言ってはいけません。でも、時計というのは必ず相手のセンスを窺うものです。五分五分の人が万国ポルトガル計を持っていたら、なかなか文芸心のある奴になるでしょう。逆に上品で礼儀正しい男性がロレックスのくろんぼをつけていれば、おしとやかな面の下に色気のある心を持っていることでしょう。

11

時計を知っているということは、コミュニケーションの手段にもなります。

各ブランドの時計をレビューします
1

ロレックス:時計の王は、すべての時間を無駄にすることは、世界のコンセンサスは、時計をプレイする人々は最終的にはロレックスの懐に入っています。その高さ、信頼性、正確な時間、高品質のため、機械式時計は何年もメンテナンスをしなければならないというのが共通認識となっている今でも、ロレックスには何十年もメンテナンスをしていないのに何の問題もない実例がたくさんあります。また、ロレックスはデザインも豊富なので、いつもあなたにぴったりのものが見つかります。金労が好きだからといってけなしてはいけません。金労がロレックスのすべてではないし、趣味のある人にもロレックスが好きな人は少なくありません。自分の力でスウォッチに対抗し、売上高で他を圧倒して天下無敵を極めたのがロレックスです。次のこのヨットの名仕を見てみて、あなたはまた成金のようだと感じますか?(小編注:ボーン・アイデンティティー4装備で黄金のディトナが出てきました。)

2

ローレックスのセカンドブランドで、品質はほぼローレックスと同じですが、ETAムーブメント(ローレックスはすべて自社製ムーブメント)を使用しているため、価格優位性は明らかです。初期のモデルの一部は、ローレックスのクラウンバンドをそのまま使っていました。過小評価されているブランドです

3

オメガ:007の選択、スウォッチの主な利益ポイント、私たちのファーストレディは彼の家の時計を持っています。品質は信頼できて、位置は控えめです。いい時計だとわかっていても、つけても驚かない、ロレックスとは全然違います。海馬シリーズの海洋宇宙です。

4

浪琴:表の中の君子、特に学者、文士に適してつけます。

5

ティソ:販売量はとても多くて、人にとても高価だと感じさせません。処処級以下の幹部に適します。何度もパワーロックをオススメします。

6

カモメ:国産ブランドの良心、トゥールビヨンを作れるのも技術力の表れです。ただ、そのレベルには限界がありますし、日常的なムーブメントは誤差が大きいので、国産品への支持もあり、手元に余裕があれば検討してもいいかもしれません

推奨情報