ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

中高年の粉ミルクはどうやって選びますか

2018-03-16 17:36:47

加齢とともに消化吸収機能が低下するため、高齢者に栄養を補給するためには、中高年向けの粉ミルクが適切です。中高年の粉ミルクを選ぶ時、6つの要素を考慮しなければなりません。

方法です
1

高カルシウム:中高年になると体内からカルシウムが失われやすくなり、食事からカルシウムの摂取量を増やす必要があります。我が国の高齢者の毎日の食事カルシウムの参考摂取量は1000ミリグラムで、粉ミルクの中のカルシウムは理想的で、しかも粉ミルクの中のカゼインとリンとビタミンdもカルシウムの吸収を促進することができます。

2

高鉄:一部の中高年は鉄欠乏性貧血があるので、鉄分を補うのも1種の必要があります。粉ミルクの場合、硫酸第一鉄が添加されていれば吸収率が低く、ヘム鉄が添加されていれば吸収率が高くなります。これは注意すべき点です。

3

高亜鉛:高齢者では、亜鉛不足の現象もよくあります。亜鉛は体の機能を高め、食欲も改善します。亜鉛の基準摂取量は1日11.5 mg、1日37 mgまでです。

4

脂質低下:高脂血症は中高年に多く見られ、それによる心血の健康問題が特に注目されます。中高年の粉ミルクには、血中脂質を落とす働きがあるリノレン酸とリノール酸を多く含む多不飽和脂肪酸が含まれています。

5

セレン添加:セレンは抗酸化剤で、中高年の身体機能を低下させる要因の一つである過酸化物を体内に蓄積して取り除くのを助けます。セレンを添加した中高年向け粉ミルクを飲むと、セレンの摂取を増やすことができます。

6

低糖質:多くの中高年には「乳糖不耐性症」があり、生クリームや普通の粉ミルクを食べた後、おなかが張ったり、下痢をしたりするなどの胃腸の不調が現れます。これを解決したのが、乳糖不耐性の中高年向けの粉ミルクで、乳糖の一部をオリゴ糖に置き換え、中高年の腸の働きに合わせています。

注意事項です

上記6つの要素を参考に、中高年向けの粉ミルクを気軽に選ぶことができるでしょう。

推奨情報