ぎじゅつ

1554現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

中高年の健康食品はどう選びますか

2018-04-11 11:12:06

中高年は自分に合ったサプリメントをどうやって選ぶのでしょうか。保健食品は保健の機能を持って、しかし科学を言わないでむやみに保健食品を食べて効能を果たすことができ(ありえ)ないだけではなくて、また老人の健康を損ねます。必要に応じてサプリメントをむやみに服用しないと、机体の何らかの機能障害やその他の副作用が生じたり、単品のビタミンが多く補充されていると、体外に排出されにくいビタミンAなどが中毒になることがあります。漢方薬のサプリを飲みすぎると、その薬のせいで中毒になったり、肝臓を傷つけたりすることがあります。サプリメントの中にはホルモンが一定量添加されているものもありますが、服用者はバランスに気をつけなければなりません。ホルモンが多いと健康被害が大きくなります。サプリメントは、治療を目的とせず、病気の予防や健康維持のためだけに使われ、非健康な人や、ある種のビタミンが不足している人など、特定の人に適しています。そのため、サプリメントは日常の食事の代替品にはならないので、高齢者は特に注意が必要です。そのため、高齢者はカルシウムを補う医薬品やサプリメントを服用することが推奨されています。鉄欠乏性貧血の場合は、食事からの鉄分の吸収を増やすほか、鉄分を含むサプリメントを摂取することができます。ただし、鉄分の補給は医師の指導のもとに行いましょう。鉄分が体外に排出されにくいため、過剰摂取すると鉄中毒の原因になります。高齢者は何を根拠に健康食品を選ぶのでしょうか。サプリメントは医師の処方を受ける必要はありませんが、アンチエイジングのようなものは、高齢者であれば誰でも飲むことができます。しかし老人の全面的な健診状況に基づいて、総合的に分析した後で適切な健康食品を選択します。高齢者は毎年、春と秋に健康診断を受けるべきです。健康食品を服用する前に、栄養科医に相談したほうがいいでしょう。血液中にある微量元素の欠乏が心配なら、病院の栄養科に行って髪の毛の化学検査をしたり、採血して検査します。検査の結果によって、何がどれだけ足りないかを見て、医者は適切な補充方案を与えます。時間を調節した後、老人は更に検査をすべきで、もし指標が標準に達すれば、更に補充してはいけません。サプリメントを摂取すると、別の不調を引き起こすからです。高齢者が飲むことができるサプリメント:一つはアンチエイジング系のサプリメントで、その主な機能は抗フリーラジカルです。ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンなどです。1つは免疫力を高め、代謝をアップさせるサプリメントです。1つは腸の働きを改善するサプリメントで、酵素などがあります。特に注意して、1種の健康食品はあまり長い時間食べないでください、健康は「均衡」ですから。具体的にサプリメントを選ぶ際には、次の6つのステップを意識しましょう。「属性を見極める」とは、自分がそのサプリメントで挙げられている特定の人に属するかどうかを見極めることです。自分のニーズや体調を見つけることです製品の有効成分(効能成分)を認識し、広告の効能宣伝に気を取られないようにします。睡眠を整えるためのサプリメントは、四十種類も五十種類も市販されていて、名前も宣伝も違いますが、有効成分は同じです。製造単位と承認文番号に注意して、「健」の字があるかどうかを見ます。製品の取り扱い説明書の注意事項に「適任者」があるかどうかを見て、そのような説明がなければ、少なくともこの種のサプリメントは正規のものではないと判断できます。サプリメントの中には「不向きな人」を挙げているものもありますので、購入前によくチェックしてみましょう。

推奨情報