ぎじゅつ

1716現在のオンライン
39今日の読書
44今日のシェア
多言語ディスプレイ

子どもの勉強への興味や集中力を育てるにはどうすればいいのでしょうか。

2018-03-30 22:24:25

陳園長:最近、息子の教育に問題があります。ご指導をお願いします。1 .息子が本を好きになるために、寝る前に物語を聞かせたり(1年以上になります)、10日に1回(半年間)は本に連れて行ったりしています。今のところ、息子が本を読むのは、私が話している時だけです。普段はあまり自分で本を読むことはありません。幼稚園では自分で読む時間がありますが、先生の話によると、息子は他のことに影響されやすく、3 ~ 5分しか続かないそうです。子どもは五歳までは話を聞く段階だと言われていますが、そうでしょうか?また、一緒に読む時間を増やすべきでしょうか?今からでも読書を身につけるべきでしょうか?どのように育てますか?集中力を養うにはどうすればいいのでしょうか。2、絵が好きではありません。年齢の落書きを愛しませんでした。1歳か2歳の頃、彼は落書きが好きで、壁、絵の具、チョーク、紙を提供しました。三歳になってからはほとんど描かなくなり、今では描きたいものを描いていいと言えば落書きをし、何を描いたのかと聞かれれば適当に答えて(すぐに何かを見てそれを描いたと教えてくれます)、教室に連れていくべきなのか、やめて自然になるべきなのか。あるいは、どう誘導すればいいのでしょうか?△子供が5歳前に正規の美術の勉強に参加するのは難しいと聞きましたが、趣味のクラスは適当でしょうか。3、根気が足りません。おもちゃのレールで遊んでいて、取り付けられなかったり、くっつけられなかったりするとお母さんに取り付けを要求し、自分で工夫や指導をしてもうまく取り付けられないと(くっつけられないだけの場合もあります)、怒鳴ったり、レールを投げ捨てたり、助けてあげなければ取り付けをあきらめます。どのように励まし、忍耐を育てればいいのでしょうか。4、反乱です。果果は理屈を知っている子ですが、わざと反抗します。よくわからないのですが、彼は何かに反抗的なのではないようで、朝起きて幼稚園に行かないと言い、私がだめだと言って(なぜかとしつこく言って)何をすべきか注意すると「いいえ」と言い始めます(何をすればいいかわかっていると思います)。どういうことですか?どうすればいいですか?5、授業や慣れない環境で働作幅が小さく、自分の考えをほとんど発表しません。普段はあまり自分から声をかけないし、声をかけられても小声です(自信がないのでは?)です。私も彼を励まします:「果果は漢の人が最も勇敢です;あなたは言わなければ他人は分かりません;間違って言って関系がありません他人はあなたのを笑うことはでき(ありえ)ません;もし声が小さいならば他人が聞こえないならばそれは言っていないことに等しいではありませんか、あなたはもしあなたと声が小さいと言ったならばそれが聞こえることができることを見ますか;......です」です。彼が大きな声で挨拶してきたらすぐにほめますし、自己紹介がうまくいったらすぐにほめてハグします。私も毎日欠かさずやっています。授業の時に時々誘導することがあって、しかしいつも私が言うならば、果果は依存しますか?授業では必ず先生に挨拶をさせますか?小さな声だから大きな声で言い直さなければならないのでしょうか?果果にもこのようなことがあるのですが、持続期間は2、3ヶ月でした。今回は半年になりました。

方法/手順です
1

楽しみの最初の部分は3時前に始まって、果物とお母さんは私の入り口に現れて、ほほほ、お母さんは時間を間違えました。まだ用事が終わっていないので、3時半に始まるまで待つつもりでした。しかし、子どものコンディションを最適化するために自分の仕事を調整し、レッスンは3時から始まりました。果果とお母さんが楽しそうに入ってきてくれたので、コミュニケーションがうまくできていたようです。子どもは、これからお母さんと別れることになって、私と二人きりになることを少しも不快に思っていませんでした。そこからも果果の主体性の良さが見て取れます。楽しくお母さんにさよならを言って、私たちは二人きりになりました。お母さんがゴーゴーに残した水筒を見て、私たちの会話はゴーゴーから始まりました。「フルーツ、水筒の中身は何ですか?」「水」果果は答えながらキョロキョロしていて、子供の世界では不思議に満ちています。「なんの水ですか?」「水です」果果が私の興味を持つことを見て、私はいっそのこと彼に私の中ですべて何か彼が知っていることを言わせます。「椅子、コップ、、パソコンです……」彼は10種類のモノの名前を言います。途中で彼は窓の外の木の話をして、私は私が言ったのは中ですと注意して、それから彼はすべて上手に話します。生活の常識がしっかり身についているようです。会話を続けていると、お父さんの家の住所、幼稚園の名前、クラス名、火災報知などを正確に話すことができ、認知レベルはかなりのものになっているはずです。一番面白かったのは信号について質問すると「青は行け赤は止まれ」と答えました黄色いランプはどうでしょう?彼は「行け」と言いました!ほほほ、お母さんってこういう時があるんだって、あとで知りました。黄色いランプが遠くに見えたら徐行するように言って止めました。会話は楽しかったし、お母さんがいなくなっても果果の気持ちはまったく変わりませんでした。私はパソコンに保存してある果物の皮紋テストのレポートを開きました。やはり、対人知能の割合は23・89%に達しています。どうりで子供はとても機嫌がよくて、にこにこしていて、とても愛嬌があります。たとえば、散らかったソファを片づけてほしいと言っても、何度も片づけられず、何度もやり直しを求めても、不機嫌になるどころか、いつまでも楽しそうにしていることができない子が多いのです。

2

どの子も特別で、それなりの特質を持っていますから、教育者や親が一つの物差しで判断してはいけません。果果は私の目にきっと1つの大衆の標準で測ることができない子供です。動作がゆっくりで、声も大きくありませんでした。利口だとか利口だとか、そんな言葉は彼には使えません。しかし、私がこの学習過程を説明した後は、あなたも私と同じように賢くて控えめで、将来の可能性が無限にある子だと信じてくれるでしょう。以前、果物の皮紋のテストをしていて、絵があまり好きではないというお母さんの質問に答えを見つけました。果物の運動知能は8.54%です。空間知能は8.39%ですこの2点は、子どもに落書きをさせても子どもが興味を示さないというお母さんの話を説明しているのかもしれません。次の図は、私が描いてほしいと頼んだところ、1分足らずで終わってしまい、もう描きたくないと言った図です。何を描いているのかと聞いても口にしませんでしたが、明らかに興味がありませんでした。また、右手と左手のATD角はそれぞれ45.68と41.22で、この角度は真ん中あたりです。ATD角の大きさは頭のよさとは関係なく、学習の反応度や鋭敏さに関係しています。これから見ていくと、果果は多くの問題に熟考して答えを出していることがわかります。ですから、授業に参加しないことが多かったり、声が小さかったりすることも理解できます。ATD角が小さいほど学習の感度は上がりますが、人は敏感になり、感情的にもなります。ATDコーナーが大きければ大きいほど、学習の感度は相対的に低くなりますが、人は気分もよくなります。だから物事には両面性があります。皮ざわりの結果で子どもの良し悪しを判断してはいけません。皮紋テストは子どものことをよりよく理解し、その人に合った教育ができるようにするためのものです。子どもの音楽・運動・空間知能は、8つの知能の中では相対的に割合が少ないため、それに関連する活動や遊びに興味がない可能性があります。途中、コインゲームをしていたのですが、私が偶然、1角のコインが床に落ちて立っているのを見て、すぐに見せたら、一緒にハハハと笑ってくれました。ところが、今度は「コイン立て」を一緒にやってもらおうと言うと、彼は嫌がって、小賢しくコインを二枚の床の隙間に置いただけでした。でも、それはルール違反だと言って、励ますと、彼はコインを二枚立てた。このように、後天的な補足トレーニングとして、このあたりの練習を強化することができるでしょう。果果は童童で3年の音楽eqの開発と左右の脳の開発を学んでとても価値があります。その他の方面の疑惑に至っては、3歳余りの子供としても特別なことは何もなくて、以後の変数はまだ比較的に大きくて、多く観察する同時に依然として科学の方法によって誘導して、影響します。

3

絵を描いたら、ゴーちゃんは私のティーマシンの茶器に目を奪われました。遊ばせて、興味のあるところを観察することにしました。これはカンフーティーセットで、比較的高価で、家庭の中で多くの家長は子供にこれらの壊れやすい品を遊ばせません。しかしゴーゴーがとても興味を示してくれたので、遊ばせてあげることにしました。ただ2つ強調しています「1つ目は壊さないように気をつけること第二に、水を撒かないように気をつけます。」彼はいつも上手に遊んでいて、水を注いだり、コップを運んだりしている間も、とても熱心に見ていました。15分ほど遊んだ後、彼は私の前に来て、まだ遊ぶかと尋ねましたが、彼はやめたと言いました。遊ばなければ元に戻して、きれいにすると言いました。彼はほぼやり遂げました。が、それが終わる頃、彼はコップの蓋を落としてしまいました。遠目には壊れていないように見えましたが、彼もすぐに床から拾って蓋をしました。でも、明らかに音がしたので調べてみたら、やっぱり小さく落ちていました。私はゴーに言いました「ゴー見ろよここがお前だ今壊れたんだどうする?」黙っていると、「コップを壊したら弁償ですよ。お金はありますか?」「ありません!」「じゃあ、お母さんが迎えに来たときに弁償してもらうんですか?」私は彼の反応を観察し、それは彼にとって素晴らしい挫折教育であると同時に、彼の思考力と問題処理能力を見ました。顔には少し傷があり、今頃泣き出した子もいると思います。彼は首を横に振りました。「じゃあ、あなたのバッグの中に服が何着も入っているでしょう?」弁償のつもりで置いてきてくれませんか?」彼はまた首を振りましたが、いつものにこやかな表情に戻っていました。瞬きをしながら、「ボロボロの服を弁償してあげますか?」と意外なことを言ってきた。私は生真面目ですが、彼も真剣に相談しているような口調で、べつに意地で言っているわけではありません。だめです、あなたが要らない腐った服、私も要らない。いい服が欲しいです!」「ぼろぼろの服、弁償しますよ。長袖の」もうどれも決まってるんでしょうね、フフフ。三歳半の子どもの反応力に満足して、もう困らないことにしました。でも責任感の教育は必要です。「ゴーちゃん、さっきコップの蓋を落としたのはわざとだったんですか?」「違います!」「わかりました。それでは許します。でも、あなたがコップを壊したら、あなたは私に償わなければなりませんから、今からあなたが私にショーを見せてください!」そう言ったとたん、ゴーちゃんは私にはまったくわからない演目を、小躍りしながらやっていました。「ホホ、何を演じているんですか?」べらべらしゃべっているうちに、熊という字しか聞こえませんでした。「熊ですか?」「そうですね」「まあ、合格です。これからはコップをこわさないように気をつけて遊んでくださいね」と言いました。それから更に遊ぶ時、彼は比較的に気をつけて、ほほほ、だから、生活の中の教育はどこにもありません。それこそが真の教育のきっかけであり、授業以上に価値があることも少なくありません。

4

大多数の子供たちはアニメを見るのが好きなので、果果が何度も私の投影はどうやって開くのかと尋ねた時、私は彼の好奇心を満足させて、彼にソファの上で2つの背もたれを敷いて自分で投影を開きました。彼は少し興奮して、どうして画像がないのですかと尋ねた。彼の労働を励まし、好奇心を守るために、投影をコンピュータに結びつけてアニメーションを流しました。しかし、私がちょっと驚いたのは、たいていの子どもはアニメを見るとその映像や内容に夢中になってしまうということです。ところが、ゴーゴーは、壁に投影したときに、私のパソコンのモニターが真っ黒になっていることに気づきました。「どうしてパソコンにないんですか?なぜ壁にパソコンがあるとなくなってしまうのでしょうか?どうして壁があって壁がないんですか?」そんな質問をされたことに、私は少し驚きました。でも真面目に「単顕だから?」と答えてくれました。「どうして二重に見えないんですか?」うちの教室に投影されている映像に関心があったんでしょうね、専門的な質問をするなんて。「うふふ、私も知りません。私のパソコンのせいかもしれませんね」まるで三歳児と会話をしているようには思えませんでした。「へえ、接続ラインの問題じゃないですか」次の質問はますます私を粛然とさせた。この子は将来、ITエリートになる可能性が高いですよ。ふふふ。見てください、東別の子は全然違うんです。その後、プロジェクションマッピングをオフにしたり、電源についてしつこく質問してきました。それがまた、彼の特質を一つ見つけたのかもしれません。このあたりは、これからお母さんが観察してリードしていきます。

5

第5部お金に敏感な子どもたちインキュベーションクラスで成功した上級クラスの子どもたちがお金の管理を学ぶコースのお金をいくつかお見せします。開いてみると、果果の顔には興奮した表情が見られましたが、大抵の場合、彼は淡々としています。いちいち聞いてもわからないことが多かったのですが、教えてあげるとすぐに覚えてくれました。そして、少し興奮気味に「買い物ごっこ」をしてくれました。その過程で、彼が私の考えに従うのではなく、私が彼の考えに従うようになりました。ほほほ、もしかしたら、ここから果果は高財商の子供かもしれないことを見ることができます。お母さんも、これからはそういうことを気にしていてもいいでしょう。幸い、これからこの方面の授業に触れることになります。

6

第6部良好な認知レベルの過程で、果物は1から100まで数えることができて、たくさんの字を覚えることができて、生活の常識の方面はすべてよく身につけて、3歳を過ぎた子供にしては、発達は極めてすばらしいと思います。また、最後に童謡を教えましたが、これは彼が本の中で自分で選んだものです。『ネズミが魚の骨を盗む』というタイトルで、「子猫が小さな魚を食べ、ネズミが魚の骨を盗んで、ネズミに置いて、防犯ドアにしなければならない」という内容です。この童謡は一つには比較的言いにくいこと,二つには韻を踏んでいないことです。最初は曲を変えようとしたんですが、彼がどうしてもやりたいと言ってきたんです。意外だったのは、すぐに覚えてしまうことでした。そのため、果果は興味のあることを覚えるのが早いと思います。非常に高い学習能力を持っています。お母さんが来た時、彼はもう一回演技をして、すばらしいです。2時間の指導が終わって、私は果果に対して更に自信があって、お母さんの3年の努力は値打ちがあって、次の日私達に引き続き共同の努力をさせます。きっと、子どもはもっと驚きを与えてくれるはずです。

注意事項です

多くの子供が平凡なのは、親が子供の将来を優秀だと思っていないからです。

推奨情報