ぎじゅつ

1953現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

Premiere Proでマテリアルファイルを編集する方法です

2018-04-04 09:36:37

Premiere Pro CC 2018に必要な素材ファイルをインポートすると、素材の編集ができます。基本的には、【ソース】モニタで素材を編集してから、【タイムライン】ウィンドウで素材を接続します。0Premiere Proでの音声ファイルの取り込み方

工具/原料です
1

Premiere Pro CC 2018です

2

windows 7/8/10です

方法/手順です
1

Premiereを起動し、【ソース】モニタにユーザーが必要とする画像素材を追加します。

2

モニターに表示された入力時間:【ソース】モニターでは、設定時間00:00 00:00または再生ポインタをドラッグしてビデオの入力時間を設定することができます。

3

【ソース】ビデオファイルの入点、つまりクリップの開始位置は、モニタ下の「入点」ボタンをクリックすると設定できます。

4

モニタにドットをつける:【ソース】モニタでは、00:00 00:00に設定するか、再生ポインタをドラッグすることで、ビデオクリップの終了時点であるビデオのドットをつける時間を設定できます。

5

この文章は自分の経験から得ました

6

ビデオ素材の入点と出点を設定したら、「挿入」ボタンをクリックし、クリップされたビデオファイルをタイムラインのウィンドウに挿入します。

注意事項です

【ソース】モニタでは、00:00 00:00に設定するか、再生ポインタをドラッグすることで、ビデオクリップの終了時点であるビデオの出時時刻を設定できます。

推奨情報