ぎじゅつ

1953現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

2次元映像計測器の品質をどう鑑定しますか

2018-04-12 19:12:57

高精細画像検出業界では、画像測定器は、最も重要な検出ツールの1つであり、それはワークの精密測定のための正確なデータとパラメータを提供し、産業生産で広く使用されています。しかし、2次元映像計測器を製造している会社はたくさんありますから、不良品が出て、結果に影響が出るのは避けられません。ではどうやって品質の良い画像測定器を選ぶのでしょうか?一部の企業や箇人が2次元画像測定器を選択する時、価格が安いから、品質の悪い机器を選択して、使用する過程で、日常的に各種の問題が発生して、企業の生産プロセスに影響して、甚だ大量の不良品を生産して、企業の経済効果を損ねます。品質の良い二次元映像測定器はどうやって選びますか?みなさんのお役に立てればと思いますので、ご紹介しましょう。2次元の映像の測定器の品質を鑑別する時、私達は以下の3つの方面から行うことができます:1)第一に器械の映像のタイルがはっきりしているかどうかを見て、白黒の境目がはっきりしているかどうか。2)手を使って少し机械の台の側で振働の働作をして、計器のラスタの尺のデータを見てみていくらで、走って着くデータが大きいほど良くなくて、良い計器は小さい振働を受けた後で、1段のデータを走ってもとの起点のデータのに帰ることができ(ありえ)ます。3)最後に必ず計器の繰り返しが良いかどうかを見て、これはこのような精密計器の品質を決定する鍵の1つで、各位の友達を選んで購入する時必ず販売者に同じ製品の部位の寸法に対して何回測定することを要求して、しかも更に異なった方法で測定して、最後のデータの結果を見てどのくらい違います。品質の良い機器であればデータの再現性が良いのですが、品質が悪ければ100回の計測で100個の異なるデータが出てきます。総合的に述べて、ただ私達の鑑定の画像の測定器の品質のよしあしの一部の要素があって、他のいくつかの要素が私達のために画像の測定器の品質を見分けることができて根拠を提供します。

推奨情報