ぎじゅつ

324現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

子どもの宿題を科学的かつ効率的に教える方法です

2018-03-20 11:12:46

子どもの宿題を見て、多くの親が困っているのは、次のような現象に戸惑うことです。1、宿題は自発的ではありません。学校から帰ってテレビを見ても、テレビの前では声が出ません。2、きょろきょろして、作業に集中しないで、ぐずぐず時間をつぶして、仕事をして効率がありません。3、自分で考えないで、問題があったらすぐに助けを求めます。4、適当に対処して、勉強が積極的でなくて、先生が出した以外の宿題は、少しもやりたくなくて、宿題が終わって万事大吉で、検査しません。どうすればいいのでしょうか?次のような方法をお勧めします。

方法/手順です
1

1)子供を手伝って態度を正して子供に教えます:お父さんとお母さんは仕事を尽くして出勤しなければならなくて、本職の仕事を完成して、これは責任と言います;あなたは学生のをして、毎日質と量を守って、時間通りに宿題を完成して、これも責任と呼ばれて、これはあなたがしなければならないことで、どんな駆け引きの余地がありません。出された宿題を理解できない親がいて、問題の出来が悪いとか、宿題の出しすぎを指摘するなど、子どもの前で教師をけなすのは危険です。もし子供があなたの言うことを聞かないならば、あなたはただ言って、意味がありません;子どもがあなたの言うことを聞くということは、先生の言うことを聞かなくてもいいということであり、先生のイメージが壊れてしまうと、子どもの心に入り込むことが難しくなります。教師と生徒の関係、教師と親の関係にも影響を与えます。しかし、時には、教師の宿題の出し方が悪い場合もあります。このような場合、保護者としては、個人的に教師と誠意を持って話し合い、非難しないことをお勧めします。

2

2)子どもの興味を高める努力宿題を好きになるように誘導する必要があります。ルーペを使って子どものいいところを探し、できるだけ子どものモチベーションを肯定してあげる方法もあります。子供はすぐに宿題をするつもりはないかもしれませんが、あなたの誠実な称賛の子供は責任感がある、成長した、物心がついた、あなたは安心して、あなたはとても満足して、称賛の前に、子供は一般的に自分を変更し、自分自身を抑制します。戦略の2つ目は、子どもの宿題の良さを肯定することです。「字が上達しました。私が子どもの頃よりも上手に書けました」と、心からほめてあげましょう。「こんな難しい問題を一人で解いて、すごいですね」「こんなに速くて、こんなに上手に字を書くなんて、毎日の宿題は遊びと同じですよ」満足度を宿題にサインします。戦略3は子供の宿題が終わったら、しばらく遊ばせて、速い牛をむち打たないことです。

3

宿題に夢中になったり、キョロキョロしたり、いろいろなことをして遊んだり、何人か集まって話をしながら作業をしたり、音楽を聴きながら、テレビを見ながら、お菓子を食べながら作業をしたりするような「プラスアクション」をしても、作業の質や効率を担保することはできません。この問題を解決するには、次のような戦略があります。1、効率よく勉強することのメリットを教える。1分で書き写す、1分で覚える、1分で速算するなどの競争をして、こんなにたくさんの宿題を質の高いものにしてしまうと、毎日好きなことをやる時間がたくさんできるわけがありません。2、勉強する雰囲気を作ります。清潔な机や書斎が大切です。子どもの机の上には、子どもの気が散るようなものは置かないようにしましょう。子どもが宿題をしているときに、「今日は学校でよくできたか、先生にほめられたか」「お腹はすいたか、おやつは食べないか」「何回やった?」などと邪魔をしてはいけません。あといくつありますか?」です。また、子どもが宿題をしていても、親がテレビをつけっぱなしにしていても、家で花札をしたり飲んだりしていても、子どもは宿題に集中できません。3、子供と一緒に宿題の時間を予定して、子供の効率観念を育てます。

4

4)合理的に宿題を手配して両親は子供に合理的に毎日の宿題を手配して処理することを教えるべきで、学校の中の宿題は急いで、学校の中で完成することができてすべて家に持ち帰ってはいけません;学校が終わってから先に遊びに行ってたくさんしないでください、精力がつぶしたほとんどの時やっと宿題をします;宿題をする前に、あらかじめ勉強道具(ガムテープ、水彩ペン、白い紙、本など)を用意しておきます。使う時になってから探すのはやめましょう。宿題をする時問題をはっきり見て、問題の意味を審査した後で更に筆を始めて、してはいけなくて後でやっと問題がまちがえたことを発見してあるいは問題の要求によって行っていません;宿題をする時できない問題に出会って、先に回り込むことができて、先に他のできる問題をやって、そこで無駄に時間を消耗しないでください;ある時間の中で、一つの作業だけに集中して考えることができます。

5

子供の宿題は頭を働かせなければなりません。もし子供が問題を考え続けている時間が長いと休むことができず、脳が疲れ、脳の回転速度が遅くなる現象が現れます。この時子供の学習効率が落ち、ミス率も高くなります。一般的に、小学生の宿題の連続時間は30 ~ 1時間を超えてはいけません。自由遊びは多くの場合、勉強のためでもあります。勉強は少しずつですから、根気よく続ける必要があります。普段は聞かずに、たまに時間があれば、子どもの勉強に関心があることを示すために、長期戦で子どもの勉強をチェックしましょう。

6

スホムリンスキーは、「読みながら考えたり、書きながら考えたりすることができない子どもは、3年生になってもなかなか勉強を終えることができないだろう」と言っています。よくて速く宿題を完成するのもいくつかの最も基本的な能力のが必要で、小さい手の筋肉の柔軟性、手と目の調和の一致など、ある子供の宿題「遅い」は彼らの調和の能力の不足のためで、宿題をする時頻繁に頭を上げて頭を下げて、それによって読み書きの効率と正確さを落としました。このような子供に対して、親はまず、知覚能力と動作協調能力の訓練を強化しなければなりません。子供にゲームをさせることができます:大人と子供が一緒に、誰が多く覚えているかを見て、子供の瞬時記憶能力を育成します。紙を切る、迷路を歩く、ピアノを弾くなどです。勉強の能率が悪いのは、習慣だけでなく、態度や能力が悪いからであり、親と教師が協力して子どもの能力を高めていかなければなりません。

7

7)先に復習してから宿題宿題の目的は学生に正確に理解させて、熟達して学んだ単語、文法、定義、定理と公式などを覚えさせて、学生に更に学んだ知識を強固にするのです。授業で教えてもらった知識を身につけることが宿題の良し悪しの基本です。授業で覚えていなければ、内容を理解していなければ宿題はできませんから、宿題をスムーズに終わらせるためには、宿題をする前に本や参考資料を読んで、復習してから宿題に取り組むようにしましょう。家に帰ってペンを持って書きます。

8

8)いつも子供の宿題をチェックする子供の家庭の宿題に対して、親はいつもチェックすべきで、たとえ自分の時間が更に緊張していても、毎周少なくとも一回は子供の宿題をチェックしなければなりません。親が子どもの宿題を常にチェックしていることのメリットは2つあります。1つ目は、子どもの勉強状況をすぐに知ることができることです。子供はまじめに勉強するかどうか、知識の身につけるのはしっかりしていないかどうか、学習の困難があるかどうかなど、すべて子供の宿題の中から反映することができます;第二に、子どもの勉強を効果的に促すことができます。子どもは子どもですから、自分のことをよくできないということもありますし、たとえ成績のいい子でも、ときどき子どもの宿題を見ているようであれば、子どもはなんとなくプレッシャーを感じて、もっと勉強するようになるかもしれません。子どもの宿題をチェックするには、忘れ物をしていないか、きちんとできているか、きちんとできていないか、ミスが多いか、引き写しはないかなど、いくつかのポイントがあります。検査の前に自分で子どもに調べさせて、いいところを肯定し、いいところをほめ、悪いところを指摘して、実際に修正できると信じます。

9

ある子供は勉強の借金が多すぎて、多くの宿題が全然できません。宿題をする時には大小の「邪魔者」が前に立ちはだかります。彼らは宿題をすることに対する苦手意識が非常に深刻で、宿題をすることをとても恐れています。このような子供については、保護者は辛抱強い助けと彼らの宿題を指導する必要がありますが、子供は教室で理解していないものは、保護者は家でタイムリーに補充するためには、子供の学習は、新たな借金が発生しないようにするだけでなく、子供の科学的な学習方法を習得することにも注意を払う良い学習の習慣を、育成します。親自身がそれほど時間がなかったり、できなかったりするのであれば、しかるべき家庭教師をつけて、子どもの知識の穴を埋めてあげる必要があります。ただし、宿題は促すことはできても、代わりにすることはできないということを忘れてはいけません。

10

1 0)保護者は子供の能力を正視すべきで、子供が授業後に宿題をしない時、ただ叱責するのではなくて、子供が勉強の上の困難を克服するように励ますべきです。叱ったり打ったりしても無駄です。子どもが宿題をしているのをじっと見ている母親がいます。子どもが宿題をするのが遅くなると、「早くやりなさい。あなたほど遅い子はいない」と怒鳴ってしまいます。子どもはスピードを上げましたが、今度は「字が下手だ。また間違えた」と言いました。すると、子どもはまたスピードを落としましたが、お母さんは、「こんなばかな子を育ててしまったなんて、いつまでも考えていないのに!」結局、お母さんがそばにいるだけで、子どもは宿題をしているときに震えてしまいます。

11

11)子供に付き添って宿題をしないでください一部の保護者は子供が宿題をする時そばに付き添っていることが好きで、これは1つのとてもよくないやり方だと言うことができて、自分の多くの事がすべてむだにしただけではなくて、その上実際の効果も理想的ではありません。一問ごとに「いいですか?」と質問したり、ちょっと難しい宿題でも「どうしますか?」と頭を使おうとしない子もいれば、親がいるときはいいけど、親がいないと宿題ができない子もいます。宿題の相手をすることは親子関係の緊張を生みますし、親が自分のことを「見ている」「監視している」と感じたり、自分への不信感を感じたりすることもありますから、性格の強い子どもは親に対する反発や対抗行動を強くすることになります。

注意事項です

宿題をするときは、子どもが自分で考えられるようにすることを重視すべきです。

推奨情報