ぎじゅつ

128現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

より効率よくスムーズに引越しをするにはどうすればいいのでしょうか

2018-03-22 03:12:24

現代の「クイックライフ」にはもちろん、さまざまな理由による大規模な引っ越しが含まれていますが、どうすれば引っ越しが楽になり、効率的になり、達成感も得られるのか、ぜひ次のような経験をしてみてください。この引っ越しプランは、1つの全体像として、お互いに欠けてはいけません。

引越し前の準備(清掃、メンテナンス、梱包)です。
1

新しい家に入居する前に、清掃やメンテナンスをできる限り行います。荷物を搬入した後は、スペースが狭くて移動しにくいし、家具がきれいになっているので、効率よく直接物を整理できるからです。

2

梱包するときは、自分の車で持っていくもの(壊れやすいものや貴重品)と引っ越しで運ぶものを分けて、それぞれに番号をつけます。

3

荷造りする時に各箱の外に箱の中の主な品物(元の部屋/家具、主な品物の明細を含む)を書いて、壊れやすいかどうか、番号(前後左右上五面に番号を書きます)。また、上記の情報は、引越し当日や引越しの際に使えるようにドキュメントにまとめてあります。

4

関連するコンテンツを無断で収集しました

5

梱包の順番も大切で、何年も使っていないものから始めたり、処分したりしています。引越し前日に必要なのは、アメニティ、1週間先の着替え、メインの調理器具、寝具、冷蔵庫のフードです。また、同じ部屋や同じ家具に入っているものは1つの箱にまとめて入れておくと、整理するときに探したり、同じ種類のものをどんどん並べていくことができます。

引っ越し探しと引っ越しです
1

引っ越しの悪質な値上げや暴力的な運搬を避けるためには、札つきの有名な引っ越しがおすすめです。以下の点に注意が必要です。1)同名の偽者ではなく、有名引っ越しであることを確認します。2)引越前の1周間と引越料金の明細を明確にして、車ごとの価格、階下の超距離の料金、道のりの超距離の料金、途中多く行って1つの場所の余分な費用、大きい家具の着脱費用、冷蔵庫の運搬費用などを含みます。大体の家具のリストと箱の数を棚卸しして、相手に車の数を見積もってもらえるようにします。もし、新旧の家具の交換が必要な場合は、あらかじめ説明しておく必要があります。3)引っ越しと1周間前に引っ越し日と到着時間を明確にします。相手にその日の予定を見積もってもらうことで、相手の気持ちを把握することができます。4)一部の引っ越しは通行証がなくて、規定の時間まで車で街に入ることができなければならなくて、だから必ず前もって車の手配と時間の手配を尋ねます。

2

引っ越しの時に親方に対して親切に遠慮して、同時に自分の要求をも前もってはっきり言って、運搬の順序と壊れやすいことを注意します。

3

運ぶ順番というのはとても大事なことで、最後に荷造りした荷物を先に車に乗せておくと、新しい家では外の場所に自然に出して、取り出しやすくなります。冷蔵庫と冷蔵庫の食べ物を入れる箱は最後に車に乗って、先に新しい家に置いて、すぐに電源を入れて冷やすことができます。

4

あらかじめ用意しておいた箱や大きなバッグのリストを数通印刷して、その日の引っ越しを見張っている人に渡して、荷物の棚卸しをします。

5

普通は家と階下がそれぞれ一人ずつで十分ですが、もし人手が許すなら、もう一人増員して臨時に配置してもいいです。上の階にいるこの人は、すべてのモノの内容や属性を熟知していて、引っ越しのモノの置き方が便利かどうかを指示してくれるのです。

6

新しい家で最も良いのは箱と大きい袋を応接間に併べて、一方で他の部屋が家具を出入りできるようにして、一方で探す時至る所乱雑に串を刺しません。

引っ越し後の片づけです
1

同じカテゴリーのものは、梱包リストでまとめて整理します。

2

片づけが進んだモノは、とりあえず目的の家具にまとめて入れておき、あとで細かく片づけます。洋服は、大きめの清潔なバッグを目的のクロゼットの棚に入れて、あとで開けて整理します。そうすることで、全体の整理がぐっと速くなります。

3

新しい家の必要に応じて、片づけの段階まで行ったら、収納グッズを購入して、片づけの時間を効率的かつ効率的に使うようにします。

注意事項です

整理してリストアップしておけば、整理の手間が省けますし、整理している間は、何が必要になってもすぐに探すことができます。いずれにしても、引っ越しの週までに予定を立てておくと手間がかかりません。

推奨情報