ぎじゅつ

128現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

13 ~ 36か月BBです

2018-03-13 06:24:57

ここでは13 ~ 36か月のBB感統トレーニングとそのポイントを見ていきます。ぜひ適切なタイミングでお子さんをトレーニングして、お子さんのトレーニングをおろそかにしないようにしてください。

手順/方法です。
1

13 ~ 15カ月本体感覚と前庭平衡感覚のトレーニング:①一人で歩いたり、おもちゃを引っ張ったりするトレーニングができます。②横歩きや後ろ向きの歩き方を奨励します。③手をひっぱって階段を上がることができるので、体のバランスはよくありませんが、高さと低さを感じることができます。④訓練を経て積み木を3 ~ 4箇組み立てることができて、おもちゃを挿すことができて、ペンを挿すことができて、キャンバスを挿すことができて、ビーズを通して、釣りのおもちゃを通して、ペンを握って落書きをすることができます。⑤スプーンを使って口に入れたり、コップで水を飲んだりすることができるようになります。触覚トレーニング:水、土、砂で遊ぶ、泳ぐ、裸足で歩く、子どもと一緒に体を触れ合わせる遊びをします。

2

16 ~ 18ヶ月体感覚と前庭平衡感覚のトレーニング:①しゃがんで物を拾ってから立ち上がって歩きます。②手すりを使って階段を上り下りし、走り始めます。③線を描く訓練、本をめくる訓練、小瓶から物を取り出す訓練、4つのブロックを木の塔にして倒す訓練です。④外に出て回転椅子やシートブランコに乗ります。触覚トレーニング:足を上げてボールを蹴る、ボールを投げる、裸足で歩く訓練です。

3

この文章は不法に経験から取ったものです

4

22 ~ 24ヶ月体感覚と前庭平衡感覚の訓練:①訓練を経て安定して走って、めったに転ばないです。②支えたり、自力で上の階に上がることができます。③両足を同時に地面から離してその場で跳ぶ訓練、カエル跳び、ウサギ跳びをします。④ビーズなどの遊び、掛け金を外してドアを開ける、折り紙やページをめくって本を読む、ペンを使って縦線や丸を描く、7 ~ 8段の積み木やブロックを組み立てることができるようにサポートします。

5

25 ~ 30ヶ月体感覚と前庭平衡感覚の訓練:①子供は安定して独立して両足で交互に階段を上がり、独立して階段を下り、片足で立つ訓練をします。②三輪車に乗ることを学びます。③低い階段でのジャンプを奨励し、動作が安定してきたら、適度に高さを上げます。④直線、水平線、円など、簡単な図形を描くように教えます。ひもにビーズを通したり、積み木やおもちゃを組み立てたりして、積み木を使って車や列車、塔や門楼などを作る訓練を意識します。⑤水泳を習います。

6

31 ~ 36カ月体感覚・前庭平衡感覚トレーニング:①片足で立つ、片足で跳ぶ、つま先を使って歩く、両足を地面から離してその場でジャンプや幅跳び、階段を下りる(子どもの安全を守る)ことを奨励します。②階段は両足を使って交互に下ります。③障害物を乗り越えます。④ベビーカー、自転車などに乗ります。⑤紙を切ったり、簡単に絵を描いたりするうちに、服を着たり、ボタンを留めることができるようになります。⑥水泳を習います。そのため、保護者の方は、赤ちゃんが自分の能力を存分に発揮できるよう、良いタイミングを逃さないよう、お子さんのトレーニングを大切にしてくださいね。ぜひ覚えておいてくださいね。

推奨情報