ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

字を上手に書くにはどうしたらいいですか

2018-03-27 01:36:38

インターネット時代になって、ますます多くの人がキーボードで手で書くことに取って代わって、そのため本来下手な字がますます醜くなっている。「きれいな字が書けるようになりたい」と思う人は多いですが、大人に比べてほとんどの書体は定型化していて、簡単には修正できません。しかし小学生の子供や、まだ書体が定まっていない多くの若者に比べると、一般的には容易です。なぜなら、彼らは新しい字体を受け入れやすいからです。正しい指導があれば、適切な字体を選び、正しい方法を学び、根気よく続ける姿勢があれば、短期間でよい効果を得ることができます。でも、字を上手に書こうと思えばできるのです。

工具/原料です

ペン,紙です

方法/手順です
1

第一に態度を正します。態度はすべてを決定して、一人の仕事態度は人生態度を反映して、そして人生態度は一人の一生の成果を決定しています。それからこの学習態度が正しくなって、私達はやっと学習の上の困難を克服して、気力が自分の惰性を抑えて、自分の働力を催促します。自分が怠ける時、直ちに自分の学習態度を矯正して、学習のために必要な保証を提供して、字を書くのも学習の一種で、態度が正しくなって字を書く過程の中でも効率を高めて事の半分の効果が倍増して、もし両方得るならば、一手のきれいな字はきっとあなたに属します。

2

この情報は違法な経験から得たものです

3

第三のペンの握り方です。ペンの持ち方が正しいかどうかは、ペンのコントロール能力、運筆の柔軟性、書くスピードに直結します。上手なペンの持ち方は小さい頃から身につけなければなりません。そうでなければ、一度習慣化してしまうと、直すのが難しいのです。今、形になった大人が字を覚えるためには、ペンの持ち方も直さなければなりません。図です。

4

第四にあなたの理想の字を選びます。習字をする人は、まず自分にはこういう練習が必要なのだということを理解した上で、自分の好みの手本を選ぶようにしています。普通の初心者は字帖を選ぶ時、できれば隷書、楷書、篆書から始めます。しかし楷書ではなくて、篆書、行書はやはり隷書草書です。筆跡がはっきりしていて、線がなめらかなフォントのものを選ぶことができます。筆文字もペン文字と同じで、線が滑らかで、筆跡がはっきりしていなければ覚えられません。線はわざとあいまいにして、数筆を省略して、書道作品の感情を表現することができて、しかし初心者に適しません。お手本を選んだら、理想のお手本が見つかります。ブックタウンの書道コーナーで手帖を見て、気に入ったものを見つけて、続けていくことをおすすめします。

5

第五はまめに練習して、ただ勤勉な練習を通します。年齢のいかんにかかわらず、字が固まっていようがいまいが、字を書くことに集中し、決心し、努力すれば、書けるようになります。字を書くのは全然天才がいなくて、良い字を書くのはすべて自信+細心+根気よく根気よく続ける気力に頼ります;「世の中に難しいことはない、心ある人が怖い」、「最初は難しいが、意志が堅い人が怖い」という言葉があります。だからあなたにもできます。

注意事項です

大切なのは志と継続です。

推奨情報