ぎじゅつ

324現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

懐柔漂流の知識の技巧です

2018-04-02 17:36:58

ラフティングは自然環境と溶け合う観光活働で、一種のスリリングなプログラムで、体力と度胸の挑戦です。スリルを求め、楽しみながら、漂流について知り、安全について知り、テクニックを身につけることが必要です。いわゆる漂流して、万事水がなくてはならなくて、京北はここに漂ってあなたの安全のためにアドバイスします。

漂流前の準備です
1

チームメイトは特に長い服とズボンを着用しなければならない"裸で漂流しないでください"、N時間の漂流を経て、皮膚が水を浴びた後、直射日光、必然的に深刻な日焼けを受け、水面の反射光も皮膚にダメージを受けやすいです。服装はなるべくシンプルで速乾性のものを選びますが、薄すぎたり色が薄すぎたりしないようにしましょう。水に落としてしまっては困るからです。波の少ないなだらかな場所では、日差しと風の力を利用して、早めに衣類をサラサラにして、肌にダメージを与えません。悪い天気は水の上で寒くて、良い天気は水の上で干して、防寒と日焼け防止に注意しなければならなくて、あまりに貴重な服装、靴、帽子は漂流に使わない方が良いです。

2

日焼け止め用品(つばの広い帽子、アウトドア用ターバン、日焼け止め、サングラス、メガネのひもなど)つばの広い帽子は、頭のてっ先からの日光を遮り、日焼けや日焼けを防ぎます。サングラスは、言うまでもありませんが、日差しが強いときには大きな役割を果たします。メガネロープは、対戦や転覆時に目が滑り落ちて紛失するのを防ぎます。日焼け止め、少ない日焼け止め本当の防水は、水に濡れて漂流するのは避けられないので、日焼け止めの役割は小さくなって、最も問題を解決するのはやはりできるだけ少ない肌を露出します。顔を隠して日焼けを防ぎ、また水争いで「強敵」に遭遇した際にも、フードをかければ水にむせることもありません。

3

漂流中は必ず船内に水が入ってしまいます。川の水は冷たく、冷たい水に長時間座っていると気分が悪くなります。その上船底はとても薄くて、石をこすってあなたのPPに痛みがあります。

4

漂流に参加するには革靴、スリッパ、スニーカーを履いてはいけません。運動靴が水に浸かって乾きにくくなり、足が腫れてしまいます。漂流中はどうしても船内に水が溜まりますし、素足の場合は下船時や転覆時に傷をつけやすいので、ビーチシューズやサンダルは必須です。

5

水だけを持って筏に防水バッグ漂流、貴重品(例えば、カメラや電子製品、アクセサリー、証明書など)や現金や靴を船に持ち込むことはできませんが、転覆や他の事故が発生した場合は、漂流や保険は、現金や物品を失った観光客を補償しません;金目で水が苦手なものは持っていかず、お預かりすることをおすすめします。せっかくだからとカメラを持ち歩くのであれば、保存用、カメラ用、ライター用、タバコ用など濡れにくいものにも使える、密閉性の高いビニール袋や防水バッグを用意しておくといいでしょう。川は湿気が強く、また川の水は冷たく日光は暑いので、防水バッグにも湿気が戻ります。最も良い価値が高くない愚かな机を持って、事前にビニール袋で包んで、平らなビーチで開けて、危険なビーチを渡る時に包んで、しかも水の中に投げる心構えができています;眼鏡をかけている方は、輪ゴムで結ぶのをお忘れなく。防水バッグは必ずロープや早弔りで船や体に縛って、事故などの不必要な損失を避ける必要があります。

6

1-2セットを準備している乾燥した服やズボンを漂流するには、"濡れた体"を避けることはできませんが、予備の服を着ていない場合は、乾燥していない服を着て非常に不快です。清潔な服一式を持って下船時に交換すると良いでしょう。

7

インスタント食品水やチョコレートなど、持ち運びに便利なものを選びます。船に乗せて、漂流すると体力が消耗するので、疲れを感じたときにエネルギーを補給します。

8

水を研ぐ道具には、ペットボトル、水汲み器など何でも使えます。船内に水が入っている場合はペットボトル、少ない場合はペットボトルが便利です。

9

漂流中の手袋は、私たちの"繊細な玉の手"を防止するために泡を磨り出す必要がありますが、私たちは誰もが薄い手袋を持って、手の甲の日焼けを避けることができます(女子学生向け)。ボートをこぐ必要がなければ使いません。

漂流中の注意点2です
1

救命胴衣は水に入る前に必ず救命胴衣を着て、襟とベルトを全部きつく縛って、もし転覆したらこの服は絶対に救いますから。

2

船を選ぶ時、船の充満量が十分かどうか注意しなければなりません。排気量の足りない船は、櫂を漕ぐのに疲れますし、弾力も悪く、区間によっては排気量の多い船よりも転覆しやすいのです。船を選んだ後は、急いではいけません。船からゆっくりと空気が漏れないように注意して、ゆっくりと時間をかけてから離れます。漂流中に船体がストーンで擦れないように注意が必要です。船の現状に疑問があれば、直ちに引率者や漂士に相談して、停泊できる岸辺に近づきます。

3

漂流の過程の中で、船の体はできるだけ維持して水流の方向に向かって走って、特に波が大きくて流れが急な地方で、更に随時に船の方向を調整して、座礁して転覆しにくいです。漂流船が通過する時はスタッフの指示に従って、勝手に働かしてはいけません、そして艇の内側の手すりをつかんで両足を引き締めて、体は船体の中央に傾きます;急流を渡る時は、船体とのバランスを保ちます。後ろに座っている場合は、体を少し後ろに、二人のボートのバランスと川の流れと平行です。水遊びの区間がありますので、落差や流れの大きい区間ではふざけたり、水遊びをしないでください。

4

カヤックは焦らないで立ち上がり、ボートの体を安定させる必要がありますが、足場を探して再び立ち上がり、保証人をボートの下に流されていない。他の水路に迷い込んで引っかかったり座礁したりした場合はボートから降ります。

5

漂流中に転覆した船は、通常の状況では、不思議ではありませんが、基本的に不適切な操作の原因は、水に落ちても不安ではなく、ライフベストを着用している限り、生命の危険がありません。ライフベストを着用し、勝手に船から降りて泳いだり、船から離れて一人で行動したりしてはいけません。たとえ泳いでも船頭の意見に従って静かな水面で泳ぐべきで、船体から離れて独立して行働してはいけません;転覆しても、動揺せずに落ち着いてください。ライフベストを着ていますから。危険な働作をしないで漂流:一般的には、川は比較的安全です。勝手に下船しない限り、お互いにけんかをしないで、自発的に水中の浮遊物や岸の草木や石をキャッチしない限り、漂流筏は転覆しません。いったん「転覆」しても構いません。ライフベストを着ているので、息を止めて、水にむせないように気をつけましょう。緊張しないで息を止めていれば、水の浮力とライフベストがすぐに水の外に出てきます。急流で水に落ちても、蹴ったり蹴ったりしてはいけません。川底の石に打たれて傷んでしまいます。水面に出ている石につかまって、救助を待ちます。会えなくても、すぐに護漂員や仲間が助けてくれます。

その他のアドバイス3です
1

普通は男女一人でボートを漕ぐのは力仕事ですから、本来なら男性隊員が漕ぐのが筋ですが、時間や距離が長い場合、平坦な場所では女性隊員が代わりに漕ぐことになります。二人とも体力の消耗は少ないですし、ラフティングも十分楽しめます。

2

船の上の2人の隊員は互いに世話をして、自信を樹立しなければならない漂流船が危ない所を通過する時、船頭の指揮に従って、むやみに働かさないでください、しっかり安全なロープをつかんで、両足を引き締めて、体は船体の中央に傾きます;遭難したときこそ助け合うこと、そして水争いのときは息が合ってこそ勝てるのです。

3

すべての隊員は大局を顧みて、引率者と護漂員の指揮に従います。漂流中は矢印や標識に注意しましょう。メイン水路を探すのに役立ちます。

4

水争いが酣になっても時間を忘れず、チーム全体の流れに影響を与えてはいけませんので、ゲリラ戦をお勧めします。

5

小さい子供は浮いてはいけません。泳げてもいけません。山の中は川の流れが複雑で、どこも急流で、聞き分けのない子供が船の上で動くのは危険です。

6

高血圧、心臓病、妊婦、酔っぱらい、14歳以下の子供や高齢者などがいる場合は、ラフティングへの参加はお断りします。

7

尖っていて、刃の利器を船に持ち込まないでください、観光客の人身と船体の安全を保証します;漂流中は怪我をしないように、手や足で石を支えないでください。

8

川の水の流量が大きい時間帯は、いかなる単位と箇人が漂流することを厳禁して、観光客と机器の安全を確保します。

9

船から降りたら風邪を引かないように生姜湯を飲みます。

推奨情報