ぎじゅつ

1061現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

IPad初心者向けiBooks編です

2018-04-08 04:48:59

iBookリーダーはiTunesアプリから無料でダウンロードできます。iBookは素晴らしい電子書籍リーダーであるだけでなく、いつでも本を購入できる便利なアシスタントでもあります。

手順/方法です。
1

iBookはApp Storeから無料でダウンロードすることができます。iBookは素晴らしい電子ブックリーダーであるだけでなく、いつでも本を選ぶことができるアシスタントでもあります。「iBook」をクリックすると、自動的にあなたの仮想本棚が表示されます。プログラムの右上にある本のボタンをクリックすると自動的に本棚が開き、iBookstoreのコンテンツが表示されます。ここで書名、著者名、ジャンル別に本を見ることができます。気に入った本が見つかったときには、その本の目的についての詳細な情報や読者のコメントをさっと見ることができます。本をダウンロードするとすぐに本棚に表示されるので、ダウンロードした本をすぐに読むことができ、iPhoneやiPodでも使えるので、それぞれの本を持ち歩くことができます。

2

iBook storeには何万ものコンテンツがあり、その数は日に日に増えています。iBookアプリはEPUB形式(世界で最もポピュラーなオープン電子書籍形式)を採用しています。このように構成されているので、著者は自分の好きな本を簡単に作ることができます。アップルコンピュータを使って無料のEPUBの書籍を検索したり、iTunesを使ってiPadのiBookプログラムに同期することもできます。

3

iBookプログラムはPDFファイルも読みます次の2つの方法でPDFファイルをiBookに追加できます。iPadでメールを受け取り、iBookでファイルを開くと自動的にiBookの棚にPDFファイルが追加されます。iBookでは、iBookの本やPDF文書をボタン一つで見ることができます。PDFファイルを開くと自動的に全画面表示になるので、電子書籍感覚でPDFを読むことができます。ページをめくったり、しおりをつけたり、拡大したりすることもできます。

4

iPadで書類を読むと、まるで紙を読んでいるような感覚になります。本を持った姿勢でiPadを持てますipadでページをめくって読むことができますipadで行うすべての動作は、まるで紙の本のように自分の手で行います。高解像度のLEDバックライトが各ページを美しく見せ、暗い場所でも読みやすいように明るさ設定を調整することができます。本の中央をクリックすると、iBookにすべての制御ボタンが隠されており、より良い読書体験ができます。画面の左右をクリックして前後に移動したり、本のページを右から左にゆっくりドラッグしてめくったりすることもできます。目次から1つの章を選んで、すぐに本全体にジャンプすることもできます。

5

iPadの読み方も非常に人間的で、自分の好みに合わせて変えることができます。縦画面でページ全体を見渡すこともできますし、慣れなければ横画面で書類を読むこともできます。ある単語や単語を指で長押ししてクリックすることで、ウィキペディアや内蔵辞書を使って検索したり、インターネットで検索したりすることもできます。iBOOKはVoiceOverとの組み合わせも可能です。

6

読みたいところはいつでも見つかりますし、iBookではいつでもどこの章にでも行けるようになっています。特に面白いところや情報が豊富なところは、ブックマーク機能を使って文字を強調したりメモに追加したりすることができます。読んでいる途中で休憩したくなったとき、iBookには最後に読んだ章が自動的に保存されます。

推奨情報