ぎじゅつ

1061現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

日本の健康診断医療を受ける5つの前にすべきこと

2018-04-03 17:36:23

中国と海を隔てた日本には世界トップレベルの医療水準があり、ますます多くの中国国民が日本で健康診断を受け、病院に行くことを選択している。しかし、この国の医療制度は中国と大きく異なり、国際的な患者の海外への受診が厳しく求められています。現在、日本の海外医療市場シェア第1位の厚朴方舟は、わざわざ日本から執筆し、中国人患者が日本で医療処置を受ける際の注意事項を以下のように整理し、患者と家族の参考に供します。

方法/手順です
1

日本の首相が慶応大学病院に健診に行ったという報道が相次いでいますが、厚朴方舟さんにもこの病院で健診を受けたいという問い合わせが多く寄せられています。実は、この病院は大腸がんの治療には日本では非常に強いのですが、最高の検査機関ではありません。アメリカではUS NEWSで毎年発表されている全米の総合病院・専門別ランキングですが、日本ではこのようなランキングは公開されておらず、ネット上で発表されている日本の病院の総合ランキングや専門別ランキングは代表性や権威がありません。がんの専門病院としては癌研有明病院、心臓疾患の専門病院としては神原記念病院、日本医科大学病院、三田病院など、日本でベストな病院は基本的に東京都に集中しています。現在最も権威があって、患者が病院を受診して参考にすることができるのは日本の『読売新聞』が日本の病院の手術量、診察量と治療状況に対する統計表で、各病院に対して最も強い1つの強力な証明です。あるいは、厚朴方舟のように、日本側の各病気分野の学会や研究会のリーダーを専属の専門家グループとして招聘し、自らの推薦や承認を得ている病院や医師がいてもいいでしょう。

2

カルテの資料を整理して翻訳して出国して診察するのに提出しなければならないカルテの材料は含みます:1。カルテ要約(主治医が病状、治療、効果などをまとめたものが望ましいです)2.放射画像学の報告、含みます:X線、CTスキャン、超音波、骨のスキャン、乳房のX線の撮影術、磁気共鳴の画像化。3.手術の報告です。4.ラボレポートです。5.化学療法と放射線治療の記録を含む、治療の歴史と歴史の要約(できれば医師がまとめます)。以上の材料はすべてもっと良くて、必ずしもすべて同じで少なくてはいけません;最も重要なのは医者の書いたカルテの要約と最近の放射線学の報告です。カルテの翻訳は海外での相談の第一歩であり、これは特に重要である。カルテの翻訳は必ず正確でなければならず、患者と家族は必ず専門の通訳を探しなければならない。多くの医療背景のない外国語従事者が翻訳したカルテは病理診断に使えないため、海外に行っても医師はカルテが分からず、またお金をかけて検査をしなければならない。何より時間を取られたし、患者さんにも苦痛を与えました。

3

日本の病院は差別診療制度と診察予約制を実施しており、日本人の診察は基本的に末端の診療所で行われます。もし難しい病気があれば、末端の病院が大病院を予約して紹介証明書を出し、患者は紹介状を頼りに大病院に行きます。厚朴方舟の王剛総裁によると、日本の病院は予約が必要で、医療機関にかかるのとは非常に違います。健康診断でも、日本の病院では予約が必要です。注意しなければならないのは、現在、日本の病院の多くは国際部を持っておらず、国際的な患者と接する経験が不足していることです。一部の病院では国際的な患者の予約申請すら受け付けていません。特に強調しなければならないのは、日本の医療ビザを取り扱う時、同時に日本の病院が発行した予約の手紙と身体の元の保証机関が出した「身体の元の保証書」を提供する必要があります、これは米国に医療処置を受けて直接旅行のビザの旅行を取り扱うのと非常に違うのです。日本の病院は後払い制度なので、「身元保証機構」の保証書が必要です。日本の経済産業省と外務省が共同で発行した「海外医療団体保証ライセンス」を取得できる机関は、一般的に日本の企業で、申請机関の審査要求は非常に厳しいです。例えば、設立2年、患者の受け入れ数、契約病院の数、サービスプロセス、規範、患者情報保護、クレーム率などが含まれます。厚朴方舟は日本で自分の分と直属のサービスチームがあって、そして誠実と信用、着実で、丁寧な作風と高い業務水準で当地の各界の高い認可を得て、そのため日本の公式認証によって「身元保証机関の資格」を授権されます——厚朴方舟は中国企業の中で唯一このライセンスを獲得した机関です!

4

日本人の通訳は世界的に非常に繊細で厳格な対応で知られており、病院も繊細で厳格な要求があります:国際的な患者の通訳は、日本の医師の資格(ライセンス)を持っている必要がありますが、これは、医師と患者のコミュニケーションのために、正確な意見を伝える!海外に通院している患者さんが想像するようなものではなく、日本語が流暢な生粋の人や、現地で長年暮らしている親戚や友人であれば引き受けてくれるものです。現在、厚朴方舟が提供している日本の医療サービスは、カルテの翻訳と整理、病院の選択、海外の良い病院の医師の予約、ビザの補助、海外の医療後の滞在、旅行、生活通訳、病院の付き添い通訳などの専門家がいて、手術後の24時間の付き添いも提供しています。日本で医師免許を取得した専門家が360度に渡って医療サービスを提供しています。

5

海外での治療が終わった後のコミュニケーション海外での診察は、決して日本の病院での現地での治療が終わった後ではありません。健診患者の場合、潜在的な疾患が見つかった場合、その時の処置や医師の指示が必要ない場合、厚朴方舟の医学顧問は定期的にあなたの健康状態をコミュニケーションし、期日どおりの再検査を思い出させてくれます。いくつかの腫瘍癌、心脳血、てんかん疾患の患者は、退院時に、病院は、通常の生活の注意や定期的な薬の要求を開くことができます;一部の患者さんは日本で医療処置を受けた後、生活に戻っても薬を服用している間や体の変化で他の状況が発生する場合があります。日本の病院や主治医とタイムリーにコミュニケーションを取る必要があります。このようなサービスは一生続くでしょう。

注意事項です
1

ビザについて:日本で健康診断や医療処置を受けるには、日本の医療ビザを持って行くべきですが、旅行ビザを出して医療活働を行うと、一度調べたら、ブラックリストに載って、3年以内に入国を拒否されます。

2

医療費についてです日本の医療ビザを取る時、身体保証資格を持つ机関が「身体保証証書」を発行しなければなりません。日本政府は身体保証机関が患者の日本への通院行為を保証することを要求しています。医療プロセス全体を円滑に進めることができます

推奨情報