ぎじゅつ

128現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

カタツアーの攻略法です

2018-03-29 12:48:31

カター島はタイのプーケット島にある小さな島です。砂がとても柔らかく、綿を踏んだような感じがします。小さな島ですが、とても静かで、家族旅行にも最適です。夜の夜景も美しいです。海が好きな人はカターに行ってみてはいかがでしょうか。今すぐ親達を連れて来てカードの塔の旅行の攻略を理解して、生放送を見て書くのは急いで、親達が理解することができることを望んで、文の後に疑問を提出することができ(ありえ)ますあるいは私。

塔の地理的位置と周辺環境を紹介します
1

カタビーチはプーケット空港からタクシーで750バーツ、人民元換算で約150元です。バーツは出発前に両替することもできますが、現金を少なく持ってプーケット空港に到着してから空港で両替することもできます。現在の1人民元のレートは5.0161バーツですが、空港では少し高くなるかもしれません。出発前に問い合わせてみてください。タクシーでカード決済をすれば、あまりバーツを交換する必要はありません。

2

ミニバスも利用でき、1人150バーツ、元に換算すると30元になります。値段は私達の中国よりバスに乗ってとても高くて、少し私達の乗った観光バスの性質に相当しました;

3

終日開放されており、入場料は一切かかりません。夕方になれば、柔らかい砂浜と青い海を存分に楽しむことができます。日中にビーチに着いたら、テントとパラソルを張って、靴を脱いで浜辺を歩いて、遠くを眺めるのも素敵ですよ!自然ビーチでもダイビングや水泳、レジャーができますが、日焼けを恐れている眉には日焼け防止に注意しましょう。

4

海のそばを歩いて、お腹が空いたら南の方にお寿司を一軒、お寿司が苦手な方はさらにお寿司から少し離れたところにスターバックスコーヒーがあります。もちろん、カップコンは見逃せませんよね?

5

スターバックスで食べたくなければ、「Kalika」というレストランもありますが、12時30分に開店します。こちらとしては少し遅いかもしれません。メニューは英語と中国語ですが、写真を見なくてもわかると思います。刺身寿司にはタイ風のメニューが揃っています。室内の配置はとても暖かくて、少しも大きいご飯のように騒々しいことがなくて、食堂のように熊の子供が走り回ることもなくて、女性が大声で騒ぐこともなくて、更にたばこの味がなくて、間取りはとても合理的で、壁画もとても優美です;

6

宿泊はカタビーチ近くのプールワインで、お買い物にも便利です。お酒から近所のスーパーまでは歩いて10分もかからず、必要なおやつや日用品を購入することができ、多くの人で賑わっています。

カタビーチの楽しみ方説明します
1

ビーチではパラソルやゴザを借りることができます。もちろん値段も違います。傘を一人で4時間借りるのは100バーツですから、1時間25バーツで20元です。傘とゴザのレンタルは150バーツです。先ほどのミニバスと同じ30人民元です。マットや傘を借りるとさらに高くなり、200バーツで4時間、1時間で50バーツになります。ですから、荷物を持ち運べるのであれば、傘とござを持参しましょう。結局のところ旅行は節約することができて節約して、お金を食べる上で使うのがどんなに良いです;

2

お酒の面では、プール酒の条件は一般的ですが、スリッパやドライヤーの設備を覚えていませんが、髪が乾いていないか、服を避けるためにスリッパやドライヤーを持っています(結局のところ、海に属して、暑くても非常に湿っている)。また、自分で洗面用品を持参して、酒の洗面用品はとても理想的ではありませんて、カップの歯ブラシは歯磨き粉を持って旅行することができます;

3

必ず防水タイプの日焼け止めを携帯しましょう。昼夜問わず全身を保護し、できれば1時間ごとに補充しましょう。そうしないと日焼けしやすくなります。もちろん、一度日焼けしたら手がつけられないためにも、日焼け後の修復を携帯しています。すべての化粧品はパックリップ(唇の日焼け止めは単独でください)とお風呂用品を携帯できる場合は常用品を持っていってください。旅行用のものが不足しないようにします。

4

海がじめじめしていて暑かったり、風邪を引いたりする人もいるかもしれませんが、タイだからこそ毎食、冬陰功湯を飲むのもいいでしょう。ベジタリアンの方やウェイターの方はベジタブルの方が美味しいですよ!タイに行ったら、本場のタイ料理を食べなくてはいけません。寿司や冬陰功湯は、居酒屋で食べるのもおすすめです!

注意事項です
1

ヒント:傘はベンチ付きの机ではなく、完全な大型の日傘です。携帯マットがなければレンタルするしかありません。

2

写真はネットから来て、文字はネットを経て箇人のオリジナルの文字にまとめて、疑問があれば下をクリックすることができます質問があって、また可艾特小編、簡介の中で見ることができます

推奨情報