ぎじゅつ

128現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

マホガニー家具の手入れ法です

2018-04-14 20:48:59

マホガニーは乾燥しやすい「秋冬は乾燥しやすいので、手入れが必要です」。関係者によると、マホガニー家具には1年を通して手入れのポイントがあり、乾燥からいかに守るかが秋冬の手入れのポイントになるといいます。

工具/原料です

加湿器、乾布、オイル、ワックスなどです。

方法/手順です
1

この記事は無断で経験を引用しました

2

秋や冬は、風穴から遠ざかる、日焼けするなどの注意が必要ですが、日頃のお手入れの中に、ちょっとしたコツがあります。たとえば、マホガニーの家具は、日頃から柔らかい布で埃を拭き取り、埃が溜まらないようにするといいます。ただし、濡れた布で拭くのは禁物です。木質に水分が浸入すると、やはり割れてしまう危険があります。

3

マホガニーの光沢を保つには、適度に油を塗ったりワックスをかけたりするのも効果的です。しかし一般的に言って、北方の空気はもっと乾燥して、そのため比較的にワックスを塗ることを重視します;南は比較的少ないですしかし、油を塗ったりワックスをかけたりすることで、マホガニー家具の保護に効果があることは否定できません。

注意事項です
1

1.適度に油やワックスをかけます。

2

2.けがをしないように、引きずらないようにします。

3

3.風穴を開けないようにして、過度の日焼けを防ぎます。

4

4.タイムリーにほこりを取ります。やわらかい乾いた布などで拭くことができ、濡れた布は禁物です。

5

5.湿度を一定に保ちます。秋冬は適度に加湿器を使うといいでしょう。

6

6.化学光沢剤、アルコールなどの溶剤の使用を避け、浸食を防止します。

まとめです

マホガニー家具は非常に高価なため、消費者が購入する際には、できるだけメンテナンスのポイントを事前に指摘するよう求められます。消費者はマホガニーのメーカーに電話をかけて、メンテナンスの知識を得ることもできます。

推奨情報