ぎじゅつ

1061現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

山徒歩攻略です

2018-04-07 01:36:27

山は、五つの主峰の頂が土を敷く台のようになだらかであることからこの名がつきました。この五つの台の頂には、それぞれ文殊菩薩の五つの法身が安置されており、五方文殊とも呼ばれます。東台の望海峰、海抜は2795メートルで、寺の名は海を望むと言って、主は聡明な文殊を供して、これを礼拝して人を聡明にさせることができます。北台の葉斗峰、海抜は3058メートルで、華北の最高峰で、華北の屋根と呼ばれ、寺の名は霊応といって、主は無垢の文殊を供して、心から清浄で、1つの塵も染まりません。中台翠岩峰、海抜2894メートル、台の頂は竜の石をめくり、寺名が教を演じて、主供儒童文殊、彼は西洋宗教の中国本土化の典型的な産物です。西台掛月峰、海抜2773メートル、寺の名は法雷、主は獅子の文殊を供えて、これを礼拝して人を勇敢にさせることができます。南台錦繡峰、海抜2485メートル、寺の名は普済、主は知恵の文殊を供して、これを礼拝して人に無限の知恵を獲得させることができます。また、仏国台懐鎮には黛螺頂があり、文殊菩薩の五種の法身を集めて一つの寺に供えています。

工具/原料です

リュック、寝袋、防湿パッド、ヘッドランプ、羅針盤、日よけ帽子、固パン、ザーサイ、その他の食料、飲料水などです

方法/手順です
1

徒歩コース:鴻門岩→東台→鴻門岩→北台→湯船→中台→西台→吉祥寺→獅子窩→金閣寺→山門→測候所→南台→仏母洞→仏母洞駐車場;

2

気侯:緯度は似ていますが、気候は似ています。気温差が大きく、冬の台の最低気温はマイナス30度前後です。季節を問わず防寒には気をつけなければなりません。任我行野外運働倶楽部は2004年7月に徒歩大朝台中で数年ぶりの大雨に見舞われました。20人余りのチームが雨の中を苦戦し、一部のチームは崩壊寸前になりました。

3

ウォーキングのベストシーズンです:春と秋、特に6月と9月がベストで、冬の厳しい寒さや夏の厳しい日差しからも保護されますが、それでも歩くに適した天候を保証することはできません。2005年6月に任我行アウトドアクラブが大朝台を歩いた時は、風が穏やかで日差しを遮ってくれました。

4

徒歩期間:徒歩で約60 km、2日間です。徒歩の時間は人によってもスケジュールによっても異なりますが、任我行アウトドアスポーツクラブは東台から北台までの徒歩で、一番速い人と遅い人とで3時間の差があり、体力があって速い人は大朝台まで1日で歩くことができます。

5

ベストコース:吉祥寺界隈です。西台からの下り坂は比較的楽で、吉祥寺あたりの松林の間を抜ける涼やかな谷川でのんびりと遊ぶのが最高です。

6

往復交通:N202次、駅→山駅(県砂川鎮)、21:30→01:30、38元です。砂河鎮→鴻門岩、旅客輸送は中国パキスタン、1時間、12 - 20元です。戻ります:依維柯、台懐鎮→、4時間、35元;ハイヤー、11人の金杯、500元です。行きます:N201回、駅→山駅、21:13→03:40、51元。戻ります:N202回、山駅→駅、0:05→7:00、51元。

推奨情報