ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

山巡礼です

2018-04-07 00:00:18

超全山攻略、見逃せません!

工具/原料です
1

運動靴,旅行バッグです

2

厚手の服を1枚持ってきます

方法/手順です
1

山の最高の旅行時間は、夏、7、8月は最高、全体の山の植生カバー率は90%に達すると言うことができます青水秀、緑、空気の質も最高、真夏、少し日に加えて(相対的に高い標高は、日焼け止めパラソルをお勧めします)、朝晩の温度は非常に低く、非常に快適な非常に感じるだから山は避暑地という美称もあります。

2

山のお寺は台の中と台の外で全部で400余りあって、その上もとのお寺の旧跡の基礎の上で更に絶えずの建設中で、台の外の分布は300余りあって、比較的に分散して、台の内の分布は50余りあって、比較的に集中して、だから私達の旅行はすべてお寺の分布の密集する台懐鎮に行くことを選んで、その上最も特色があって、最も有名なお寺もすべてここにあります。

3

五爺廟五爺廟は山の上で願掛けをする最も霊験のあるお寺で、地元の人は普通朝空腹で五爺廟に願掛けをして、毎月旧暦の元日あるいは15時に零時に焼頭香に行くことができて、最大で3つの願いを許することができて、霊験があるかどうか、あなたは自分で五爺廟の懸額と絶えずの人の流れを見ることができます。

4

菩薩の頂菩薩の頂は山の有名な黄教の寺で、全体の建物は煌びやかで、清朝康熙帝、乾隆帝二人は山を巡礼したことがあって、宿泊は菩薩の頂で、だから皇室の寺とも呼ばれて、皇室の行宮、中は康熙帝二人の親筆の字を書いて、非常に貴重です。

5

塔院寺の伝説によると、釈迦の死後、骨は八万四千箇の舎利を錬成し、八万四千箇の仏舎利塔を鋳造し、大千世界に分布しています。中国は全部で十九座、山は1つを得て、今見た山の標識「大きい」、ここに来た後にあなたが感じることができます倉央嘉措の首伝世のすばらしい句:その1世、山を回って水を回って仏塔を回って、来世を修めるためではなくて、ただ途中であなたに会うためです;あの1月、私は軽くすべての経筒を回したことがあって、度を超えないで、ただあなたの指紋に触れるためだけです;

6

顕通寺顕通寺は漢明帝の時代に創建され、面積は大きく、時間は早く、白馬寺と併び、「中国第二の古寺」と呼ばれています。中には銅殿があり、明万暦38年(西暦1610年)に鋳造され、銅10万斤を共有し、外層はメッキされています。

7

黛螺の頂の山の朝台は2種類の形式があります:上の5つの台の頂は大きい朝台と称します;上黛螺頂は小朝台と称し、小朝台もその年乾隆帝が選んだ朝台方式で、中には乾隆帝が直接植えた松柏と直筆題の碑文があります。

8

羅睺寺山十大奇観「開花献仏」の場所です

9

殊像寺殊像寺には、山最大の文殊菩薩が祀られていて、知恵を求めて来なければならないところです。

注意事項です

山の服のガイド1。冬と春の初めの山は、推奨されている服を着ることができます厚手の厚さを着ることができるだけでなく、厚い帽子のような、より寒い天気;2.山の春先と晩秋、ダウンジャケットを持っていく必要がありますが、いつでも雪が降る可能性があります。雪が降っていなくてもまだ寒いので、服をたくさん着て、2018年の山は9月7日に初雪が降って、山は5月と10月に雪が降ることが多いです。3.山の夏、昼はとても暑くて、半袖半ズボンは問題ありませんが、朝晩は少し涼しくなります。長ズボンはやはり必要です…4。秋の初めの山、天気の良い日にはまだ非常に暑いですが、朝晩の温度差が大きいので、お勧めの中に薄いTシャツを着て、外に少し厚い服を着て、暑さを脱いで、寒さを着て、風邪を引かないように;総じて、山は標高が高く、天気の変化が早いため、天気予報がついてこないこともありますが、地方の方は事前にオペレーターに問い合わせて雨具を常備しておくことをおすすめします。

推奨情報