ぎじゅつ

2000現在のオンライン
111今日の読書
10今日のシェア
多言語ディスプレイ

私の読書体験:[12]感情の流れ

2018-04-08 20:48:53

前世紀の80年代、小説の発展の最も速い年代です。男の子の夢と女の子の夢はすばらしい作品を生み出しました。そしてビデオの台頭で、このジャンルの本はさらに大きく発展しました。女の子の王女の夢、それでは必ずその必要な王子が現れて、中国でその時すでに民主社会です、だから王子も今の高富のハンサムになりました。まずこの男はきっと大きくて威圧的で、これは男女の理想的な体つきです;その次は何某の金持ちの二代です;何よりも女主人に執着することです。必要な芝居は男性の主人が1人の幼なじみの恋人がいて、しかし男性の主人の愛を得られないで、だから女性の主人の悲しい催促の世界が来て、このように1の大きい票の涙を稼ぐことができます。いろんな毒があるかないか、いろんな嘘があるかないかです。その後、演技の道が足りないと感じて、それでは引っ張り出して上の世代の恩讐、もとは女主人のお母さんは男主人のお父さんの初恋の人で、その後いくつかの原因のため一緒にいることができませんでした。それでは、男性の主人のお父さんは2種類の情況があって、1種は女房overです、自分の第2春のために息子を取り持つ;もう一つは、自分の昔の過ちを償うために、なおさら息子を取り持つことです。後になって人々の好みが強くなって、女主人は男主人のビジネス上の重要な取引先から流れていった嬢か孫嬢かもしれないということになりました。或いは女主人は王女ですが貧民の男主人を好きになりました……劇の筋は一般的にキャンパスから職場のこの2つの環境の中で発生して、主に感情の劇、つまり誤解の発生と拡大、解釈しないで、最後に友達を通じてゆっくりとハッピーエンドに上がります。

推奨情報