ぎじゅつ

128現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

省市区塗嶺鎮旅行の攻略です

2018-03-17 08:00:17

塗嶺鎮は市の西に位置し、三県と境を接し、市との距離は約50 km、北は省会市まで約150 km、南は市まで約130 kmです。全鎮総面積157平方キロメートル、下部に21行政村、1社区を管轄し、人口は5万人です。筆架山は塗嶺鎮西に位置し、主峰は海抜750メートル余りで、三つの峰が連なって筆架に似ていることからこの名があります。筆架山の奇岩はまちがっていて、幾重にも重なり合っています。山に沿って壁を切って立つ筆架寺は東晋の年間に創建されて、今から約千六百年前、区の最も古いお寺です。筆架山はまた広大な亜熱帯雨林、山林秀麗、谷壑雄奇です。清の末期,邱二嬢は山の頂に義旗を立て,暴暴安良を排除しました。革命戦争の時、閩南のゲリラと地元の人々もこの山林に隠れて、革命政権のために血を流して戦いました。伏虎岩/>/>/>伏虎山は高さ322メートルで、道養和尚が虎を折伏したという伝説があります。山には、宋代の四大書家の一人である太守蔡襄が、山門に書いた伏虎勝境の四字が刻まれた巨石があります。いちいち无量金钟潭いちいち足の古民家楢いちいちトーテム玉笏いちいち林禄陵いちいち石桥の赤いいちいち绿の笛山荘である慶尚北道溟(済州そっ、いちいち陳田(チンジョンいちいち菱渓のダムダムいちいちいちいち燕雲門寺寺

推奨情報