ぎじゅつ

1061現在のオンライン
56今日の読書
19今日のシェア
多言語ディスプレイ

ロレックスが教えてくれる、時計のメンテナンスの常識です

2018-03-30 16:00:02

ケースやバンドは、肌着のように体に直接触れるので、汚れがついていないと、服の袖口が汚れたり、かゆみやアレルギーの原因になります。あなたが時計を着用していないとき、ソフトと生地で軽く拭う時計本体、バンドやバックルなど、時計の生存の年数を長くすることができます。時計を置く場所は乾燥していなければなりません。また、時計の里蓋を開けたり、中の部品をいじくったりして壊れないようにしましょう。

方法/手順です
1

時計はどのように収集して保存しますか? -10℃または60℃より高い温度の下で時計の正常な性能が低下して、ひいては止まる現象が発生することができ(ありえ)て、局部の事物と材料はすべて時計の機能と品質に影響を与える可能性がありますので、以下の場所に置くことを防止します。磁気の強いものの近くに置くことを防ぎます。例えばテレビ、オーディオ、磁気ネックレスなどです。ガスが出やすい薬品や蒸発しやすい薬品の近くに置くことを防ぎます。湿気の多い場所にも置いてはいけません。

2

クオーツ時計の手入れです

3

クオーツ時計は針を駆働するのに、適していると判断して拍動形式を用い、マグネットの特別な性質を利用して回転させます。そのため、外界の磁場の影響を受けやすいのです。手働時計はモーターを使わないので、磁波の影響を受けません。磁波の影響で時間が正常に現れなくても、時計の机械自体には影響しません。磁波から離れていれば正常に働きます。ですから、クオーツ時計を使うときは、なるべく磁場の大きい場所では使わないようにしています。

4

下に挙げたもの,磁波を発生させるものに注目してくださいます

5

交流磁界:速くなったり遅くなったりする要因で、例えば電気カーペット、ブレンザー、電働麻雀テーブル、電磁炉などがあります。

6

直接磁界:これは休止を招いて、減速する要因で、たとえば磁気の器の健康な器具、イヤホン、音響のスピーカー、冷蔵庫の磁気のドアなどです。

7

機械式時計のメンテナンスです

8

機械式時計は歯車とゼンマイのバンドで動いていて、回すときに摩擦が起こります。ですから、必ずグリースを入れて、摩擦を減らす必要があります。三年に一度、洗浄をして保護養生することを提案しています。表内の洗浄は必ず業者に任せます。

9

しかし普段は外部の清掃、自分で柔らかい毛のブラシと清掃液でバンドを磨いて、最終的に洗浄することができます。机械式時計には半自動時計と手働時計がありますが、半自動時計は必ず適切な運働量で、一日10時間以上の着用をお勧めします。

10

バンドの手入れをします

11

革製バンド:できるだけ水に触れないようにしましょう。動物製バンドは金属製バンドに比べ、汗や養分によるダメージが大きくなります。不注意で濡らす場合は、できるだけ早く吸水性の強い柔らかい布で拭き取ってください。

12

腕時計をしない時は、乾いた場所に置きます。汗をかきやすい季節は、バンドをゆるめたり、なるべくしないようにして、通気性を高めます。指が1本入るくらいのゆるみが理想です。長時間太陽光に露出するとバンドが変色しやすくなりますので、長時間の車内放置を極力防止してください。

13

金属製のバンド:金属製のバンドに汗がついていると、バンドが錆びやすくなります。汗をかいたとき、見た目はきれいに見えるかもしれませんが、バンドに金属の錆が出やすくなります。袖などが汚れることもあります。汚れたメタルバンドは洋アルカリで洗ってください。汚れがひどい場合は、柔らかい歯ブラシで軽くこすります。洗浄後は、バンドの隙間に栄養分が残らないよう、乾いた布で丁寧に拭きます。保護養生の際は、除光水、シンナー、薬剤の使用はご遠慮ください。なお、寝起き用の防犯用時計は、海水中で使用した後は、化学薬品を使用せず、洗浄すればよいとされています。ゼンマイの付いた時計は、変調部分に汚れが溜まり、回動軸がますますきつくなります。この時は回動軸部分を洗浄してください。

推奨情報