ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

赤ちゃんの性別を知っていますか?単に超音波を見ます

2018-03-20 12:48:26

「赤ちゃんの性別を予知する方法」という本が話題になりました。妊娠中の母親が出産検査で受ける超音波検査には、妊娠袋の大きさのデータがあり、それによって赤ちゃんの性別を予知することができるというものです。しかし多くの産婦人科専門医によると、妊娠嚢の大きさや形から赤ちゃんの性別を推測するというのは、全く的外れであり、とても当てにならないとのことです。Aです。「どのように赤ちゃんの性別を予知するか」と題されたこの話題のブログは主に2点あります。一つは超音波検査で妊娠嚢の形を見ると言っています。茄子や長い棒のようなものは男性の赤ちゃんの可能性が高く、丸いものは女性の赤ちゃんの可能性が高いです。2超音波検査のデータを通じて、もし妊娠の袋の長さと幅の差は倍以上で、男性の赤ちゃんの可能性が大きくて、長さと幅は等しい女性の赤ちゃんの可能性が大きいです。妊娠週別の超音波検査のデータを19個挙げて、赤ちゃんの男女を推定しました。例えば、46日間の超音波検査は、20ミリ×17ミリ×17ミリの大きさで、女の子が生まれます。記者はこのデータを行内のベテラン産婦人科医2人にあげました。彼女たちは同じ結論を出しました。—————はあてになりません。妊娠の袋の大きさを測定して、普通は3種類の測定方式があって、あるのは切断面の長さ、幅、厚さによって、あるのは切断面の長さと幅によって、あるのは最も長い径線によって測定するのもあって、中の測定方式はいくつかの長さ、幅、厚さ、あるのは長さと幅だけで、測定方式は異なって、比較的に混乱します。データのつじつまが合わず、妊娠週にしたがって袋の大きさが以前より小さくなっているものもあれば、通常の大きさに合わないものもあります。廖志瓊さんによると、胚芽の発育は人それぞれで、発育がよくなると、妊娠嚢はさらに大きくなり、発育が危うくなると、妊娠嚢は自然に小さくなるそうです。でも、単一のデータを普遍的な参照データとすることは、当然不可能です。一人一人が46日の妊娠嚢は必ず20mm×17mm×17mmではなくて、これより少し大きいあるいは少し小さい可能性はとても大きくて、何が意味を参考にしますか?Bです。妊娠嚢の形は男性と女性とは全く関系がありません。妊娠嚢の形が茄子や棒状のものは男性の赤ちゃん、丸いものは女性の赤ちゃんの可能性が高いのです。宋鶴蘭教授は記者に対し、妊娠嚢の形は必ずしも実際の形ではないと指摘しました。「超音波プローブが子宮面に垂直になっているときは、妊娠嚢が円形になります。子宮面に向かって斜めの角度で写っている子宮嚢は長い形をしていますが、これは角度が違うだけで、嚢そのものの形を表しているわけではありません」彼女はまた、正常な胚は、男女を問わず、妊娠嚢は円形でなければならないと指摘しました。臨床の上で本当に茄子の形の妊娠の袋を発見することができ(ありえ)て、これは胚の発育がよくないことを示して、胚芽の袋はすでに変形して、前兆流産の傾向があります;逆にふくらんでいる袋の写真は、胚の発育が順調であることを示しています。C.B超妊娠袋の大きさを測定する目的は妊娠を測定する周宋鶴蘭また、妊娠袋の大きさと赤ちゃんの性別は関系ありません。「私たちは妊娠測定袋の大きさで週を測っています。週で袋の大きさを見るわけではありません」妊娠袋の大きさは妊娠期間の長さと関系があり、閉経=すぐに妊娠したわけではありません。このため、予定日前に産む人もいれば、予定日を過ぎても産まない人もいます。「超音波検査で赤ちゃんの発育を測るのは、主に赤ちゃんの発育を測るためです。例えば前回1センチ程度だったのが、1週間経っても1センチだったり、1・2センチだったりすると、発育が悪くなる可能性があります。流産や中絶の可能性もあります」Dです。専門家:超音波検査は何を見て子宮内妊娠を判断すべきですか。妊娠12週以内に初めてBオーバーをするのは、胚が子宮内にあるのか外にあるのかを確認するためです。どれくらい妊娠していたのか確認します。胚の大きさで妊娠週を確認し、生理が不順な女性は胚の大きさから妊娠期間を推測します。妊娠保護治療の効果を見ます。妊娠して出血がある患者の場合、妊娠維持治療を経た後、超音波検査で妊娠があるかどうかを見て、妊娠維持の効果を評価します。奇形は妊娠中期(妊娠18 ~ 24週)に起こります。この時に受ける超音波検査は出生前診断と呼ばれ、体系的な検査で胎児の奇形を排除します。妊娠末期(妊娠32週)の二次催奇形です。小さな奇形は、それまでは見えませんでしたが、超音波検査は、奇形の赤ちゃんを産んだ母親や、心の病気を抱えている母親には必要です。出産前(妊娠38週)に出産指導を行います。出産直前にもう一度超音波検査を受けます。目的は赤ちゃんの大きさや膣分娩が可能かどうかを判断することです。また赤ちゃんの胎位がどのように判断して、胎位を是正するためです;また羊の水量を見て、もし羊水が少なすぎるならば、産む過程の中で胎児宮内の酸欠を引き起こしやすいです;最後に赤ちゃんを見て、へその緒は短くなって、首を回ります。胎児の窮迫が現れやすいです。

推奨情報