ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

6日間の旅行です

2018-04-04 12:48:20

2人の女の子の自由行6.16-6.22です

工具/原料です
1

アプリ:タクシーなどです~

2

写真を撮る友人がいます

方法/手順です

空港から空港バス(20/人)に乗って、夕食の時間に臘カルビ(特色火塘)を食べて、それから大研(俗称)の夜を見て回るのはとても美しくて、1つ1つきれいで、その時観光客はまだ多くない大きな氷の小屋を見つけました。たくさんの人は外で待っています(小屋はとても小さくて一群の人が入ることしかできません)長い間待って、歌手が歌を歌い終わるのを聞いてまた反対側の2階まで(へ)ゲームをして、1群の若者の遊んでいるのはとても楽しくて、もうすぐ12時に私達はやっと離れます

方法/ステップ2
1

次の日は民宿が束河古鎮にあったので、大研古鎮で午前中をぶらぶらしていました。午後は拉市海に行ってきました。中華料理+乗馬+ボート+夕食280/馬を食べさせているチベット族の人たちはとても親切です。おじさんは馬の上のレインコートを私たちに彼らの馬を着てジャックと呼ばれ、オバマのようなhhh大研古鎮の夜には、特別ではありません賑やかではありません後に戻る道を見つけることができない、すべての道を尋ねた、ほぼ12時に到着した

2

三日目は旅館の経営者の推薦によると、観音峡とバラの町340元/人の観音峡の遊びが多かったが、様々なチケットの価格は安くはありませんが、もともとの願いの森観音峡では、札20-50バラの町をお勧めしていませんが、多彩な家とリアルな3Dの絵を除いてもっと面白いのはありません

3

四日目は列車で駅に行きました。一人5元の直通列車に乗って日帰り観光をお勧めするスタッフがいます。洱海+龍馬谷+双廊+喜洲古鎮240元/人午後には古鎮を散歩して、面白い感じのポ大研古鎮よりも多いし、道も規範的で、地図は碁盤の目のような形をしています。それより,もっと原始的なのが好きです

方法/ステップ3です
1

洱海が整備しなければならないので、双廊は荒廃した感じで、滞在していません。ただそれを通り抜けてから龍馬谷に孔雀が舞うのを見て、孔雀は山から飛び出して、それから喜洲古鎮まで行って、至る所ぶらぶらしています。なくなってしまいましたが、いろいろと歴史を知ってから駅に向かうことにしました

2

夜11時過ぎの汽車、朝5時過ぎに空港に行って飛行机に乗って、その時ただ航空券に着くのが比較的に安い駅が遠くない右手に空港までの919c線13元/人駅の直通列車25元/人家に帰りましたすべて計画の中にあります

注意事項です
1

日焼けには注意が必要です紫外線が強いとすぐに黒くなるタイプの

2

晴れたり曇ったりしたら予備の服を持っていく前に現地の友達に天気を聞いたほうがいいですよ

3

風邪に気をつけましょう高原の風邪はなかなか治りません

4

航空券を予約しておきます宿泊などです航空券は早く取れば取るほど安くなります

推奨情報