ぎじゅつ

324現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

成功している人は身につけています:[1]聞くことの美しさ

2018-03-21 11:12:19

学生時代先生は読み書きは教えてくれましたが聞き方は教えてくれませんでした

工具/原料です

1粒の辛抱強さ、やっと上手に洞察します

方法/手順です
1

すべての交流の方式の中で、「聞く」は往々にして少ない人が好むので、聞くのが人々が見ると最も受け身で、最も自分が1人がまた黙って聞いていない人であることに見えます。人は「聞く」ことをバカにしがちです。しかし注意してください、「聞く」は芸術で、すべての芸術の中で最も静かで、最も効率的に自分の芸術を行うのです。ですから、「聞く」ことを馬鹿にしてはいけません。「『を聞いて、なめています」を聞いて「の人意外にも楚の荘王があることができます」鳴かなければ回れてすでに、鳴かなければ驚くべきです;飛ばなければもう、一飛天を衝く」の悔悟、彼がよく耳を傾けて、最後にやっと驚くことができて春秋の覇者をしました;秦穆公が苦しくて経営して、覇者の運命をなすことができないことをどうしようもなくて、彼に傾聴することができませんにいる;劉邦が漢の武帝であったのも彼が耳を傾けるのが上手で、他人の良い意見に耳を傾けるのが好きで、他人の良い考えはすべてすべて帰するので、自分のすばらしい思想を持って、このような人は王になることができなくて、恐らく誰も位に上ることができません。現代では、世界最高の富豪ビルゲイツは、彼はソフトウェアの面では、多くの人々の雇用問題を解決していると考えているので、彼は慈善机関への寄付に賛成していないが、彼女の母親はどのように彼を説得していないが、その後、彼の母親が死んだ、彼の母親は彼の母親の忠告に耳を傾けていません。彼はアフリカに行ってきました。彼女の妻も彼に、一番の金持ちになって人を助けなさいと忠告しました。彼はやっと耳を傾けました。彼はこの時、貧しい人の難しさを知りました。彼はこの時、彼女が死ぬまで何度も忠告したことを後悔しました。

2

ですから、リーダー格でなくても、そうでなくても、今から聞き上手になっておくことです。リーダー格でなくても、聞き上手なあなただけが、いつかリーダーになれるのです。最も実績のある人は、人の意見を聞くのが最も上手な人でもあります。あるマネジャーは、部下に「意見を言うのが上手な部下こそ、リーダーになるのが上手だ」と言っていました。実は、彼は営業のことは何も知らないのです。相談に乗って問題解決を依頼されても、何も言わないようにしていました。でも、とても聞き上手な人でした。営業マンが何か質問をしても、「どうすればいいと思いますか?そこで営業担当者が自分なりの解決策を提案すれば、それに賛同し、満足して帰っていきます。営業担当者はこのマネージャーの対応をおかしいと感じました。しかし、私はこのマネジャーの経験から、人の話を上手に聞く力を身につけるという貴重な技術を学びました。それからは積極的に習います。少し前友人が彼女の結婚について質問してきました彼女は夫と離婚すべきかと私に尋ねました彼女と彼女の夫は中学で知り合って、中で彼らは同じクラスに分けて、彼らは当時まだ恋愛していませんでした、大学まで彼らはまた同じ大学に入って、だから彼らは後に恋愛して結婚しました。彼女が教えてくれたのですが、私とは会社で知り合ったばかりで、ご主人のことは知りませんでした。だから助言もしにくいんです。彼女の話を聞きながら頷いて、『あなたはどうすべきだと思いますか?』と聞くしかなかった」私は彼女に何度も尋ねました。そのたびに、彼女は私にこうしなさいと言いました。次の日、私はチョコレートをサンドした箱を受け取り、彼女のために良いアイデアを出してくれたお礼の手紙を添えました。その一年後、引っ越しをしたときには、今は幸せで幸せだと手紙をくれて、正しい選択をしてくれた私のおかげだと感謝してくれました。

3

私は多くの問題にぶつかりました。しかし、実際には、多くの問題は私が解決方法を提示していませんが、私は辛抱強く苦情がある人の意見を聞くだけで、多くの問題を解決することができます。時間をかけて話を聞けば、たいていの人は適切な解決策を提示してくれます。「聞く」ことは芸術ですが、この芸術の第一原則は、人の話を聞くことに集中することです。中国人はよく典型的な話をします。「学碁」の話です。二人は同時に碁を習いに行って、一人は先生の碁の精髄を一心に聞いていましたが、もう一人は表で碁を聞いていて、心の中では本当に空の雁はまだ落ちないのかと思っていました。推すことができて、よく聞く人、碁を学んで成功して、1代の大家になります;聞くことができない人は、何も得ることができません、雁を得ることができません、更に碁の真髄を得ることができません。同様に、ライフ・コミュニケーションでは、聞く側も集中力を身につける必要があります。ですから、一度誰かが私のところに入ってきて話をしたら、私は決して何かに気を取られるようなことはありません。騒がしい部屋で話をするときは、相手が二人きりのように感じてくれるように工夫します。邪魔なことは一切排除します。たとえ暴漢が部屋に入ってきても、傍目を見ないようにします。ある営業マネージャーとランチをしたことがありました。美しいウェイトレスが私たちのテーブルのそばを通るたびに、彼はいつも彼女たちを目で見送ってレストランを出て行きました。私は腹が立ちます。そのため、気が散ると人の話が聞こえにくくなり、大事な場面ではチャンスや縁を逃してしまうこともあります。

推奨情報