ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

[30] 3日間の自由旅行ガイドです。

2018-03-17 03:12:36

ルートの紹介このルートは自己旅行の3日間のツアーのルートで、筆者の経験に基づいて、帰納はいくつかの最も価値がある観光と観賞スポット、もしあなたも最近旅行に行くならば、参考にしてみてください。清浄寺までの旅の紹介の最初の日の午前:塗門街では、中国の現存する最初のイスラム教の寺院は、北宋の大中2年(1009年)に建てられました。主要な建物はシリアのダマスカス礼拝寺院を模したものです。壁には古代アラビア文字の石と中国の歴代の石碑があります。開元寺への最初の日の午後:西街では、唐代の垂拱2年(686年)に建てられた大規模な千年の古い寺院です。本堂と甘露戒壇の屋根の間には美しい「飛天」と「楽伎」があり、西洋彫刻を混ぜ合わせた独特の造形芸術があります。途中で橋を通過します:別名橋、東北の10キロの所で、雄は晋江、2県の間の江にまたがります。橋の長さは180メートルで、北宋の皇佑5年(1053年)に建設され、6年をかけて完成しました。これは有名な古い橋です。翌日の午前海外交通史博物館を見学します:1974年以降、諸港で宋代の遠洋木船を発掘しました。船には香料、陶磁器などがあります。同館では、古い船や古代の海外交通を特集して紹介しています。また、宗教石刻陳列館があり、海外の交通と関系のある古イスラム教、古キリスト教、ヒンドゥー教の珍賈石刻が何百方もあります。続いて聖墓を参観します:東門の外の霊的な麓に位置して、ムハンマドの弟子の三賢、四賢が布教して死んだ後に埋葬する所まで(へ)で、歴代のイスラム教徒のために拝謁する聖蹟。山卓林が生い茂って、奇岩がたくさんあります;山の前には「風働石」があって、遊覧客はいつも手で石を揺すって楽しみます。清源山の2日目の午後遊覧:位置して、山の上に宋元明清の石刻は200方近くあって、そして宋元の時期の石造の傑作老君坐像、弥陀仏立像、弘一法師墓亭があります。三日目は九日山を遊覧します:西の郊外に位置します。山の「祈風石刻」はわが国古代の海外交通の重要な遺跡です。李贄の旧居、鄭成功の墓などもあります。特産の神曲:別名建曲、清代雍正十一年(1733年)、名医の範志秘制によって、範志神曲とも呼ばれています。「行気捜風」、「解表消積」、「調胃健脾」、「利水消腫」などの機能があります。東壁竜眼:開元寺の東壁に産します。その実は蛍の光の如く、赤は金丸の如く、肉は硝子の如く、核は黒漆の如くです。栄養が豊富で、医薬の貴重なサプリです。

推奨情報