ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

海外医療での手術や分割払いです

2018-04-03 04:48:41

2つの小規模な試験で、局所再発率から判断した結果は似ていました。多くのヨーロッパの外科医がTMEの導入を主張しており、現在では標準となっています。オランダの実験では、TMEの局所再発率が従来の直腸切除術に比べて低いことが示されていますが、直腸残端からの血液供給の遮断によって、術後の瘻孔瘻の発症率が高まることも指摘されています。TMEの後2年間で局所再発率が低下することから、TME広範囲切除術を行った後でも局所再発を抑える有効な手段であることが示唆されています。

方法/手順です
1

2つの小規模な試験で、局所再発率から判断した結果は似ていました。多くのヨーロッパの外科医がTMEの導入を主張しており、現在では標準となっています。オランダの実験では、TMEの局所再発率が従来の直腸切除術に比べて低いことが示されていますが、直腸残端からの血液供給の遮断によって、術後の瘻孔瘻の発症率が高まることも指摘されています。TMEの後2年間で局所再発率が低下することから、TME広範囲切除術を行った後でも局所再発を抑える有効な手段であることが示唆されています。

2

単純手術と併用技術の使い分けについて、局所制御率を高めるための研究が行われています。術前または術後の単純な放射線治療に対する多くの対照研究では、生存率が上がらないことが証明されています。局所再発率の低下もごくわずかで、米国ではまず5000cGyに近い用量で6週間以上治療し、終了後4~6週間後に手術を行うのが一般的です。ヨーロッパでは、通常、25Gyを5回に分けて5 x5gy (5 x5gy)を照射し、その後すぐに手術するという単純な放射線治療が一般的ですが、このような方法はまだ検証されていません。

3

臨床評価II期とm期の結腸直腸がん患者では、根治手術を受けてから2年後に再発することが多く、その後の再発はまれです。術後5年間のフォローアップの主な目的は新規腫瘍の探索です。海外の医療は転移性疾患の早期検出が主な目的で、大腸がんの患者さんによっては、単発または多発する肝転移、肺転移(いわゆる多発転移状態)や術後の吻合での再発などを根治手術で取り除くことができます。胸部CTスキャンは再発転移を監視する際に広く胸部画像の代わりに使われており、毎年または半年ごとに検査を受けることが推奨されています。

4

結腸内視鏡検査で結腸閉塞がみられる人は、術前に結腸画像検査を行い、術後に残った結腸内に再発腫瘍がないかどうかを確認するために、3~6カ月後に結腸内視鏡検査を行うことをおすすめします。その後に行われる大腸内視鏡検査の目的は、新たに発生した腫瘍、縫い目にできた腫瘍の再発や大腸腺腫を検出することです。術後1~3年は毎年大腸内視鏡検査を受けることが推奨されていますが、陰性の場合は5年ごとに再検査が行われます。CEAレベルが高くなると再発部位を判別するための検査が必要ですが、CEAレベルは肝臓の再発転移を監視するために非常に有効です。CEAのレベルが上がってきたら、さらに腹部、骨盤部、胸部のCT検査を行い、症状に合わせて別の検査を行います。直腸がんの骨盤に再発が疑われる場合は、CT検査よりMRI検査のほうが優れています。

5

ASCOでは、肝臓CT、超音波、MRI検査を規則的に間期的に行い、PETスキャンは再発疾患の早期発見の際に有用であり、再発転移の数を明らかにすることができると主張しています。肝臓や肺での孤立性再発の治療は、早期発見や手術による切除で通常治癒、もしくは生存率を高めることができます。病巣単発の患者で初期診断から、転移病変が現れる無病期間まで、3年または3年以上の通常予後がよいとされています。片肝葉を受けた孤立性肝転移では、切除手術後5年で60%、切除手術後5年で40%、10年で20%の生存率があります。

6

完治率は転移の広さに伴って低下しますが、転移の多い患者は手術で切除して完治することもあります。患者さんによっては、肺や肝臓に転移があっても、手術で切除したほうがよい結果が得られる場合もあります。より効果的な抗がん剤や生物学的製剤が登場したことで、従来は手術できなかった患者が手術できるケースが増えています。手術が可能な海外医療患者の場合は、常に再分割を行い、可能であれば切除に切り替えます。

推奨情報