ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

旅行を教えてあげます

2018-03-29 14:24:01

境内の風景はとても美しい私の旅の経験をお話しします。

境内です:
1

郊外です

2

住みます:

3

風馬飛揚に住んでいます。見つけにくいですね。でも、誰かにホテルのことを聞けば、ラサの人はみんな知っています。東道の亜賓館に着いた後で、そばの細い路地に入ってすぐ風馬飛揚に着きます。風馬飛揚が好きなのは社長がいいからです。自転車を利用していますとても親切です。そしていろいろなところを走ってきたので、いろいろ教えてくれます。私が住んでいる雑居房は15ベッドです。これはオフシーズンの値段で、夏に行くと25 ~ 30まで値上がりします。風馬は自転車を貸して、車はすべてとても良くて、25日です。風の馬は少しも派手ではありません林二巷で、とても有名な平措、東措の2つの青旅のようではありませんて、とてもにぎやかで、人は多くて、しかしすべてとても浮ついた旅人です。自分が歩いた場所をやたら自慢していることが多いです。多くの場合、私は苦笑することしかできませんが、この人たちが知っているのは実はすべて毛皮です。話が脱線しました。静かな部屋に泊まりたいなら、チベットの民宿に行くといいでしょう。お勧めは、東措青旅の隣、八郎学レストランの隣です。ミス・タロットカードの住んでいるあちらは、4つ星マークがあるように感じます…個室が50というのは、もちろんオフシーズンということもあります。

4

遊びます:

5

布宮です。入場料100円、学生料金なしです。シーズンは4月15日以降に入り、予約が必要です。蔵人2元です。蔵人のふりをして入り込めるという攻略法はいくつかありますが、現実的ではありません。布宮のほうが厳しいです。大昭寺のチケット70、しかし、完全に混在することができますが、1つの方法は、朝早く、夜明け前には敬虔な土下座の入り口に無数のチベット人が、列です。その中にまぎれこんでおけば、ドアを開けた直後に簡単に入ることができます。1つの方法は、バターを1つ買って、手の中に持って入ることができます。大昭寺広場はにぎやかですよ。あそこには恋愛の壁があります。そうですね。。ほほうです。多くの人はいずれも大昭寺の入り口あるいは艶遇の壁のあちらで一日太陽に焼けます…怠惰なああ小昭寺は比較的に混じるのは難しくて、門がとても広いため、門を入ってきっと改札の窓を通ることができます…4月の時点では修理中だったので、中には入りませんでした。博物館、ロブリンカは無料で他の多くの寺があります、3つの大きな寺の他の2つはサラダ寺、デプン寺です。入場料はどちらも55です。デプン寺は最大の寺ですが、私は行きませんでした。タロットカードと小諸は行って、とても普通だと言いましたが、二人ともデプン寺の隣の小さな寺乃窮寺はとてもきれいだと言いました。しかもお金は取りません。次角林:町の外の山の上にあります。チベット族の民家があります。村は四つあります。チベットの昔ながらの家がたくさんありますレンタル自転車に乗って行くことができて、上って行く道は比較的に苦痛で、帰ってくる時あなたは生活がとてもすばらしいことを発見することができて、すべての道を駆け下りてまた青空の美しい景色の感じを楽しむことができてとてもさわやかです。ある村に角林寺というお寺があります。静かで美しいお寺です。もし私のアルバムを見たことがあるとしたら、私がお寺の頂上に登っている写真があります。とても美しいです。ラマが一人か二人住んでいました

6

食べます:

7

これは必須です。。来る人はすべて必ず行きますよ、八廓街はいつも私の回る頭を回れて、毎日夕方必ず行って、多くの日回って依然としていつも道に迷って、幸いにどのように回っても東路中路から遠すぎないで、結局は場所です。八廓街にはたくさんの小玩具を売る露店がまだ顔を出しています。良い麺の多くは露店で隠れています。よく研いでも安くておいしいものが出てきますよ!ある家の服装で見つけた私のネパールの大きいセーターはやっと150本当に値がとてもだめだと言って、その後シャングリラで類似のを見て600余りになります。マギーアミ、八廓街の倉央嘉措のために今まで伝わったレストランに位置します。確かに感じますね。でも高いし、食べ物もまずかったです…甘茶は18本ですが、薄いので苦手です。純粋にその気分を味わいに行きました。出発する時火星は私を引き延ばします。そうしないと見逃してしまいそうです。八廓甜茶の中の甜茶は普通ですが、肉まんがいいです。その中の1本の小さい路地の中で2元の1碗のチベット式のところ粉を売ることがあって、私は普通の2部を食べないで、しかしこの堅い仕事は全く異なって、とても柔らかくてとてもおいしいです。街には美しい家がたくさんあります。気軽に沖賽康市場:地元の人の野菜市場プラス商業貿易市場、とてもにぎやかです。。モノがいっぱいで、私も毎日通っています。食べ歩きです。八廓街と通じることができます。中の小さな胡同の夏沙爾巷の中で多くの各種のチベット族の甘い茶館、チベット式の軽食です。道端屋台ツァンバ、バター、その他のチベット料理の特性を購入することができます。沖賽康市場の反対側の道路を渡って2歩歩く小昭寺路、もしチベット料理を食べたいならば、探しましょう、たくさんです。蔵麺はやはり小昭寺路の石橋茶館の中が一番おいしいと思います。蔵ギョーザ、または雪のレストランの横にある最大の港瓊甘茶館のおいしい4つのボウル、10、非常に小さいですが、すべてのチベット族の肉まんギョーザの中にヤクの肉は、消化が悪い。多くの人は食べ慣れていません。少なくとも私が出会った漢人のほとんどはチベット料理に対して非常に驚いていました。でも大好きです。。人次第でしょう。甜茶:ぜひお勧めしたいですね。いろいろ試してみました。箇人的には港瓊と石橋が一番好きです。味が濃いからです。あとは次角林の方ですね。甘茶館に入ると、チベット族の雰囲気を感じることができます。中にはチベット人が座っていて、観光客はほとんど現れません。彼らはそこで一日をつぶして、朝ご飯を食べてから夜の8時過ぎに夕食を食べて、そこで一杯ずつ飲んで、座って微笑んで、あるいは話をします。あなたにも優しくします。甘茶5毛1杯、または4速小壷、6速大壷、ホットポットです! !だからとてもお買い得で、私と偶然に出会った中学の親友はそこで小さい壷で1日の午後をつぶしました。ヤクの肉餅は風馬のそばのあの路地の上の貢吉甜茶に行って食べて、5毛の大きい1つ、おいしいです。

その他の場所です:
1

地域:です。

2

あとで新蔵線を歩くときに必ず通る場所です。比較的辺鄙で困難な道です。しかも乱暴です。次は攻略します。行く人が一番少ないです。

3

地域:です。

4

北の方です。広いです。地区納木錯:はははやはり行く価値があります。何といってもいくつかの大神湖の一つです。ナムコに行くなら一泊したほうがいいです。夜は星が見えて、とてもきれいです。でも貸切バスで行かないといけません。シャトルバスは出ていません。周辺は貸切バスが多いです。

5

エベレストのベースキャンプです

6

6000メートル余りの地方で、納木錯と同じに北にあって、だから普通はすべて車をチャーターしてエベレストのベースキャンプに行く時更に納木錯に行って、しかし私は行きませんでした…とても高くて、千円ぐらいになります。雪山のふもとだけで写真を撮るのは私のスタイルではないと思います。です。です。です。その後の十数日間は毎日雪山を見ることができました。私はもう疲れそうです。。地区:地区:の西南辺、唯一遊ぶことができる地方は鼎ので、あなた達を過ぎて行って失望するかもしれません。。歌の中で歌っている美しい場所ではありません…湖の影もありませんよ、木魚で言うと、うちの滸山町と同じような町です。。します。

7

地域です

8

地区:南側です。遊べる場所はたくさんあります

9

羊湖です

10

羊卓雍錯湖です。これは聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、ナムコと同じ神湖です。美しかったです。普通はハイヤーで行きます。シャトルバスは面倒で、直通ではなく、県まで行かなければなりませんし、値段も同じくらいです。だから貸切バスにしたほうがいいと思いますし、切符を逃すこともできます。羊卓雍のブロックの看板のあれで写真を撮ってはいけません有料です。車で湖まで行くことができます。素晴らしいです。私たちはその時7人をチャーターして行って、羊湖と道中の他の5、6か所を含めて、一人当たりの運賃は84です。車をチャーターして行く時と親方が約束して道中いくつかの他の地方を見ることができます。:夏竹林寺:雄大な、大気、山の頂上に建てられ、私たちはすべて布宮のように感じます。寺:赤色の壁面、層の建築風格、とても独特で、無数の壁画、とても年数があって、神秘的で古い経巻です…卓瑪拉康寺:初めてそんなに美しい花を見て、仏灯の中でつけます。。寺もいくつかありましたが、名前を忘れました。お寺です,本当に…形容できない美しさですね、それぞれ違います。。その上あなたはいつも多くの敬虔なチベット人が遠く万里まで来て巡礼することに会うことができます。また、接続することができる良い線:——ゼタン——です。途中で、ザコン県に滞在することができます。車をチャーターする場合は、ほとんどの人が直接沢当に行きます。シャトルなら一駅ずつ乗れますが、毎日少ないので面倒です。沢当町は主に桑耶寺があって、とても静かな寺で、過去にフェリーが必要で、1泊することができます。30ぐらいで一晩です。沢当からシャトルバスまで朝に発車して、翌日に1本だけあります(なぜ貸切バスの方が良いか知っているでしょう)。。郡は非常に有名なラムラツォがあります…神湖ですか。。湖面を眺めていると、前世と現世が見えてきます。摩訶不思議です。蔵人は信用します。麗ちゃんは涙が出てきたと言いました。県まではシャトルバスで行けます。でも県は地方の州都ではありませんよ。

11

地域:です。

12

八一に直接の車があってから、最も安い車種は100元で、ピックアップトラックは少し高くて、小さい車、クロスカントリー車は順に値段を上げます。10時間ぐらいかかります。八一の泊まるところはホテルをお勧めします。渡し場のユースホステルがありますが。でも、行った人の反応はよくありませんでした。車の友達に勧められて行ったホテルです。復数の部屋は15ベッド、ダブルの人の標室は40ですよ…いい環境ですよ。~~八一鎮は川蔵、滇蔵線の起点と言えます。ここから先は、ますます物価が高くなる。ふふふ。八一さんが食べるものにおすすめなのが腸脂です!わあ、内臓を食べない私は完全にみずみずしい腸と勇敢な節子に誘惑されました。。雅魯蔵布江、パイの町:パイの町はとても重要です!それは雅魯蔵布江景区の1つの入場券の所在地に入るためです。また徒歩での通過点です!パイの町に行くのは先に県から回って、八一まで遠くないですが、しかし道はとても良くなくて、3つ余りの小さい時汽車で行くでしょう、その上切符はとても高くて、50元。一日に三便しかなかったようですが、よく覚えていません。米林の方は何々溝があって、観光地になっています。入場料は50です。私は直接の派鎮郷に行って、それから派鎮郷の1人の先輩に私の入った景区の中に連れて行かせます。お金はありません。観光エリアの入場料は270です。本当は逃げてもいいんです。入口の左側に広がる畑を回って、最後に塀を越えればいいのです。観光地の中のものはとても高いですよ、宿泊もとても高いです。この中で物価水準が高いです。。地元の人は食べ物も高いです。景区からずっと山道に沿って進んで、とても長い道路、道にはたくさんの地元のバスがあります。私は初めて展望台で工事をしている親切なお兄さんに出会って、バイクに連れられて最初の展望台に行きました。だから運次第です。。展望台以外は、実は天気さえ良ければ、すべての道でナンガバワ峰を見ることができます。ほほほ伝説の「雲の中の天国」、標高は7756です! !しかし見たところあまり高くなくて、この時あなたのある地方がずっとすべて40005000余りの海抜にあるため~~しかし見ることができて運があることができ(ありえ)ます!それから途中でいくつかの高原の美しい景色を見ることができます。さらに道を下っていくと、無数の村があります。ゲガ村から少し離れたところにゲガがあります。標識は道の端にありますが、山道を1時間近く歩いて登ります。中はとても深くて陰気で、ははは私一人で歩いたのは少しぞっとしました。ただ足を泡でふくらませたいのであれば、格ga大橋の方の道端に残っている山の水ぶくれに行けばいいのです。大きなたるが盛装してあります。これはいいですね、地元の人はみんな行きます。さらに下へ行くと必ず通る道があります~ !私は行きませんでした。今回はお預かりします

注意事項です

十分な準備をして貧乏旅行を覆します。

推奨情報