ぎじゅつ

324現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

漢方開業医資格試験の8段階復習法です

2018-04-03 19:12:21

漢方医免許の受験を控えているみなさんは、ぜひ効率よく勉強できる方法が欲しいと思っているのではないでしょうか。そこで今回は、過去に受験した方が経験した効果的な復習方法を8段階に分けてご紹介します。

工具/原料です

医師試験です

方法/手順です
1

第1段階:復習を始める前に、あらかじめ準備をしておきます。必要な教材や資料をすべて見つけ出し、自分に合った復習計画を立てます。長期の計画では間に合わないと感じたら、1ヶ月、1四半期、半年と短い計画を立てます。どれだけ時間を設定しても、直前スパートに向けて時間を確保する必要があります。

2

第2段階:計画の作成が終わったら、まずは内申試験です。過去の問題を探してきて、自分の基礎で問題を解いて、自分の点数を見て、まちがえた問題を見て、自分の弱点はどこにあるかを見て、自分の差はどれくらいあるかを理解して、更に試験の出題方法に注目して、問題の種類はどのようで、出題の方式、重点を置いて、目的は読書の圧力と興味を養うことです。

3

第3段階:自分の差がどこにあるのかを把握したら、計画に沿って分科別の復習を始めます。重点試験をすべて暗記して、70%の試験を把握できるようにします。一歩一歩踏み込むことなく、脱線や変な問題を解くことで、時間と労力を無駄にしないことができます。

4

第4段階:試験の重点の難点の内容をすべて覚えた後で、再び本当の問題をすることを始めることができて、問題をする過程の中で、命題の法則を把握します。問題を正しく解いたということは、その知識を身につけたということです。もちろん、自分が決めていない問題にも慣れなければなりませんし、まちがえた問題は間違いなく自分の弱点です。また、この章の出題ポイント、難しさを把握することもこのステップの鍵です。

5

出題された内容はとても細かく、本は詳しく見なければなりませんが、過去の枠を暗記するような復習ではとても解けません。

6

第六段階:問題を解いた後に教材を結合して、自分のまちがえた問題を整理してマーキングして、最もよく出てくる試験の重点と内容を教材と復習資料の中でマーキングして、系統を通じて復習をして、覚えておくのは一回よく読むのではなくて、重点的に注意するのはあれらの問題を解いて身につけていない知識を発見するべきです。復習の方向と方式を調整して、試験の命題方式に適応して、後ろに行くほど楽です。

7

第七段階:自分の問題を解く過程のまちがえた問題を整理する時、ただ復習資料の中で印をつけて終わるのではなくて、必ずはっきり理解して該当の知識を覚えて、後で問題を解いて再び間違いが起こらないようにします。1回復習したら、また最初からやり直すのは禁物です。時間があまりありません。この時が一番緊張し、肝心な時です。ここが復習のポイントです。まちがえた問題や問題をきちんと整理するだけで、時間も効率もアップします。

8

第八段階:最後の段階で、もうすぐ中国医学の執業医資格試験があります。普通は試験の2 ~ 3周間前に、自分に模擬試験を用意して、できれば3 ~ 4セットの模擬試験問題を探して練習します。ここで重要なのは、模擬テストをきちんと作成しないと逆効果になるということです。最終テストの段階で10点くらいはアップします。

注意事項です

手っ取り早く復習できる方法です

推奨情報