ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

マクドナルドのフライドポテト作りです

2018-03-21 16:00:32

休みに家にいて、暇な退屈は家にいて小食~女の子は多分すべて太ることを恐れて、しかしよくフライドポテトを食べて、今日を捧げて自家製のフライドポテトを食べて、各位に見て官が食べたいことを解きます

食材です
1

じゃがいも500gです

2

塩10gです

3

オイル500mlです

方法/手順です
1

まずは主原料のジャガイモを用意します。少し長めの楕円形のじゃがいもを選びましょう。長めに切ったほうが食べやすいので、きれいに洗っておくとよいでしょう。

2

皮むきナイフで傷をつけないように、特に安全に注意してジャガイモの皮をむきます。皮むきナイフを使うことができない場合は、ステンレスのスプーンを使ってゆっくりと皮をむきます。効率的ではありませんが、安全です。

3

次に大切なことはジャガイモを細切りにすることです。多くの人は、適当に切っておけばいいと思っています。実はこれにもちょっとしたコツがあります。じゃがいもは縦半分に切り、スライスして短冊切りにしたほうが長くて食べやすく、ストックもしやすいです。

4

小さなボウルに塩を入れ、小さじ1杯を加えて軽く混ぜ、溶かすようにします。ジャガイモを浸します。浸かるのに時間はかかりません

5

沸騰したらジャガイモを入れます。塩小さじ半分を加えます。これはお湯の沸点を上げ、じゃがいもがくっつかないようにするためです。じゃがいもを浸す時間は、お湯を沸かす準備をする時間くらいですから、10分もかからないでしょう

6

じゃがは五分ゆでにするといいでしょう。この時、ジャガイモは色が変わります。よく見えるように、上の2枚の図です。火を通しすぎると切れてしまうので注意しましょう。どうしても確信が持てない場合は、強火のまま鍋に蓋をして3分ほど煮ます。

7

キッチンペーパーは水気を取るために、じゃがりこを茹でて穴じゃくしですくいます。水気を切ってキッチンペーパーに入れ、冷まします。熱いジャガイモでやけどをしないように注意します。キッチンペーパーがなければです。小鉢に入れて冷まします。じゃがいもを入れて粗熱を取ってからポリ袋に入れます。じゃがいもが切れないように、小鉢に入れて、できるだけ水気を取らないようにします。

8

冷凍庫でジャガイモがカチカチになるまで冷やします。急いで食べれば数時間、急がなければ夜作って翌朝には凍らせて冷蔵庫から出したポテトはこのような感じです。フライドポテトが固まりそうだという役人もいましたが、私の経験では水分を抜かずに冷蔵庫に入れていたはずです

9

解凍は必要ありません。個別にくっついていても、解凍は必要ありません。鍋を洗って火にかけます。鍋の水分が乾くまで、きれいな鍋に油を引きます。油の量はロードポテトの量にもよりますが、こちらはフライなので油の量は十分にしましょう。フライドポテトは必ず強火で、油温は熱々にします。油の温度を見ていない場合は、熱を何割、少し待って、お箸を試してみてください、お箸の上で油の泡が出てきたら、下のポテトフライは必ず強火、油の温度は熱いです。油温热は何割ないを見れば、会えることなど、お箸を取りて、箸などに温泉に油が下にポテトポテトを入れた、大火爆破、冷凍されたのでが油星漰だった。そのときは蓋をして、しばらくしてから蓋を取ります

10

きつね色に揚がったら取り出します。多くの人々は黄金色のプロセスを把握する必要があります強火、そうでなければ、フライドポテトは油を吸いすぎて飽きることになります。大体浮いていれば出せますから、油は控えめにしてください

11

熱いうちに塩をふりかけ、できるだけ均一にします。お好みでコショウは少なめにしてもいいですが、白コショウは少しずつお勧めします。最後に、ケチャップをかけてお召し上がりください。熱いうちにどうぞ。

注意事項です

揚げる時間をコントロールします

推奨情報