ぎじゅつ

865現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

旅行ガイド。

2018-03-25 14:24:58

有名な遺跡の山海の景勝地、風情の独特な園田の風景、風格の異なるお寺の古跡、多彩な民族の風、これらはすべて特有の景色です。省の東潮汕に位置して、東隣、、西は接して、南は危機に瀕して、北は、地勢は西から東に傾いて、低い山の高い丘と谷地の互い違い分布は不均で、西北部と西は多く丘陵、山地、中部、東はすべて広大で肥沃な沖積と堆積で、母の川は広東の東地区の第2の大きい河川で、もともと「魚米の郷」と言います。八景は原県で最も歴史ある景観です。黄岐夕翠黄は東北八里にあって、山の土の色が黄色であることからこの名があります。黄に登って、俯瞰して、まるで彩練がぐるぐる回って、遠くの村落を遠望して、一目で見ることができます。赤い日が西に沈むことを見て、白鳥は巣に帰って、牛と羊は山を下ります;牧笛を聞けば、山僧木魚、林にわだかまります。黄岐夕翠美、遊覧者の心を忘れます。故前人は『岐嶺鐘の音』詩雲があります:「寺隠深い林鎖暮煙、寒鐘初働月娟娟、一見疑い潮岸金石をたたいて、欲譜梵音入弦。青嶂の望の中に鳥の声を聞き、堆の中に僧伝あり、香を焚いて坐して久しく濁りて寐ず、百八声霜蒲天。」正月ごとに、重陽の佳節、遊覧者は青を踏んで勝って、紅男緑女、登高懐古、ひっきりなしに続いて、遠足の佳境です。樵楼晓角谯楼原县衙の前庭で後に改移は門の城。この城职司時、明るさを初め現在のたびに、時号声风、芸能ニュースー朝晖を迎え、鸠山を追い払い故と「谯楼暁角」。双渓明月砲台鎮東面にあり、南と北河が合流して海に出るところにあります。清人の『韓江聞見録』によると、「双渓の合流也、中秋の夕、潮の増水、月は桑浦の石メンボの尖に出て、合流の処で双月の影を得ることができて、亦一奇なり。」とあります。そこは川が開けていて、月明の夜になると、舟を出してここを泳ぐと、夜景が人に見えることから、清代の庠生卓伯に「水は北渓流に接し、影は銀蟾の夜秋に落ち、我欲は潮に乗って玉笛を吹き、徘徊するは凡海の中洲のようだ」という詩句があります。郭之奇の『両渓明月』にも「長憶元暉如練語、更添月意作江情」という句があります。明代の天啓年間、倭寇の侵犯を防ぐために、ここに巨石七堆を埋めて、倭船の侵入を阻止します。玉窖喬榕玉窖すなわち北窖橋です。初め宋末に建てられて、明代に城を修理する時、改築して三孔の石のアーチ橋にして、そしてスイッチを設けて、水門を形成します。清はまた単孔アーチ橋にしました。橋の川にはガジュマルの巨木が二本、根を茂らせて、華蓋のような雄大な姿を呈しています。古诗が「何年托根と、初め石坦で、歳久侵説土マスカラ、盘结類の柱磉、株のような多鶴の形、枝が理想さえ……」またあります:「環城奇樹誇群峰、植えて清渓翠影重、夜月陰高招舞鶴、雪濤秋巻吼吟竜、意外にも漢史は千植を称して、秦の時に5封をうらやましがらないで、私倩がこつこつと言って土を越して、明湖一は足音を忍ばせて。」清時代の古い榕はすでに枯れて、後人は再び植えますが、しかし奇妙でなくて、しかも周囲は高くてまっすぐな木綿の数十株があって、そのためまた「玉窖の綿の陰」と称して今古跡はぼんやりとして、尚世に名を残します。晩鐘寺の旧跡は磐渓都の双山にあり、宋十年、僧法山が創建しました。後に之巷に移って、敷地面積は二万七千平方メートルで、我が県最大規模の古寺です。明代の洪武二十四年(1391年)、寺観が大きく破壊されました。翌年、各地で廃された寧福、花果(仙橋)、豊化(豊化)、宝福(桂嶺)、双山(双山)、資福(梅雲石)、福城(福城)などの寺田産を、寺の所有としました。清の雍正六年(1728年)の峰の寺のハリケーンを破壊され、高知県陈树芝庀工の復元。昔の寺内、そびえ立った竹は篁を修して、庭の樹は蔭を垂れて、曲がりくねった径は幽に通じて、いつも夕の下で、鳥雀は巣に帰って、鐘と鼓と鐸のシンバル、木魚は篤くて篤くて、梵経陳は聞いて、同じく趣があります。南浦漁歌は南門街口の環城路の外にあって、昔は一面の河辺の浅瀬で、城に倚って水に臨み、漁人が舟を泊める所でした。川幅は広く、水の流れは穏やかで、觜魚(エツ、エツとも呼ばれます)が群集していて、漁人はこれを捕まえて、日中の漁舟の数を設計して、遠くから近くに入って、ツケをたたいて、板を打って、平の叱の魚歌を覚えて、衆衆網漁魚。夜は漁民が海岸に集まって、屋台で魚を売っています。そこから名付けられました。南浦は、文明の歴史の上で、かつては美しい風景でした。華麗な歳月を持ち、神妙な気韻を持ち、清らかな風采を持っていました。時間は長く、川の水は滔々と流れ、人生は尽きることがなく、昔の「南浦漁歌」は、今ではその名残を見つけることができません。南浦の詩的な雰囲気が一種の霊的な形になりました。鰲仙跡釣鰲橋、今は橋を釣っています。清の『一統志』の記載によると、二里は南北二河の襟帯であり、春湖の波を追うとき、船は往き、矢が弦を離れるようです。伝説唐時呂洞賓(純陽子)成仙後、曽現舟はここで、題詩は橋の辺で雲:「桃の花の波の暖かい禹門の高くて、平地の雷の音は怒濤を驚かせて、願って天の家の虹万丈を借りて、フックを垂れてまっすぐに下りて釣金鰲を釣ります。」後に「釣鰲仙跡」で名景となります。明代の邑挙人はかつて『鰲の橋は波を釣る』詩の雲を敬します:「誰が鯨霞サンウオ金背が高くて、跨天双鎖波濤、臨流は糸綸の手を聞くならば、凡魚を釣って鰲だけを釣る。」紫陌春睛紫陌山は鳥木山とも筆架山ともいい、五里ほど南にあり、仙橋山とは川を隔てて向かい合っています。昔、山には桃李が植えられ、山の斜面には僧寺や書軒がありました。春晴れるたびに、山は美しく、桃や李は美しく、景色は魅力的です。「春郊晴望日遅れ、立馬褰帳帷問俗宜、初緑小橋楊葉短、新院杏花垂、幾村鶏犬疎籬隔て、十畝原田薄霧滋、至る所枝頭啼布谷、しかし教深耨起傷痍。」庠生の卓伯先も「独り煙艇に乗って前渓を過ぎ、一片の春陂の路は迷わず、芳草はまだ売れずに客の夢を辞し、乳鶯は初めて傍傍して酒人は鳴く」と詠んでいます。紅亭紅亭(また門と呼ばれます)は元の東と北の2つの城門の間に位置して、明代の天啓元年(西暦1622年)に創建されて、380年の歴史があります。通常のように東、南、西、北の4つの城門ではなく、5つあり、その一つが門ですから、ただの城門ではありません。紅亭は上下に分かれていて、下は石造りの城門で、上は三階建ての門楼です。門楼は16.77メートルの高さで、純杉の木の構造です。初階は3間5間で、周りに花窓?オオオを配し、南?北両側に亭を配しました。上の階は八角亭閣で、屋根は八角の尖った瑠璃の頂です。建物全体が古風で潮汕門建築の優れたものです。侶雲寺連理秋楓、奎地烏葉ライチ、鄒堂青皮梨、華清竹の子、獅頭油甘、柑、竹キビ、高埔育梅、パイナップル、オリーブ、永華茗茶です。潮汕子功夫茶、ピンポンクェイト、醬油、新亨菜干し、新亨糖葱、漬物、砲台南糖、綿湖瓜丁、河婆細播、五経富姜糖、擂茶、線面、揚げ豆干、豆醬、榕湖牌味の素、牡蠣烙、紅心片蕉蕉真珠もち団子、豚足の蒸し煮、靖海鮑です。�9�

推奨情報