ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

旅行ガイド。

2018-04-02 16:00:10

長い歴史と輝かしい文化は、中国の文化の発信地です。早くも六、七千年前、先住の人々はここで長江下流流域の初期新石器文化の代表——馬家浜文化を育みました。これは中華民族の古い文明の源の一つです。歴代の著名人は輩出して、近現代だけで文壇の巨匠茅盾、国学の大家王国維、新月派の詩人徐志摩、漫画家豊子恺と張楽平、著名な数学者陳省身、武俠小説の大家金庸など大勢の著名人の大家を輩出しました。昔から有名な聞川(ムンチョン)の税暑亭や相湖(サンホ)の緑蘿荘などは、今でも詩的な連想を起こさせます。汾湖、南を三湖とします。の煙雨、南の山、湖、海を集めた薄化粧の美しさ、汾湖の水雲が充満して、すべて透けて1つの「秀」の字、しかもどこも自然の造化が与えたのではありません。平湖金糸嬢橋から海まで、海岸は凡そ80余キロメートル、海面は広くて果てしなくなくて、水と空は一色で、その間に多くの丘と高い崖が障壁になって、山川を美しい色の外に平添しました。塩官の海寧の潮は更に天下の独絶を称します。海寧観潮の風、乾隆中期の後で江道が安定して北大門にいるため、観潮地は塩官に移って大盛で、200年余りの暦は今まで衰えません。旧暦の毎月の朔望は大潮の日です。旧暦の八月十五日から二十日は「観潮節」です。潮が来て、澎湃がぽっきりと折れ、千仭の壁が立つように、万馬が奔騰するように、光景は壮観で、人の心を打つ。あなたはネットに応じて宿泊を予約することができて、今多くの箇人旅行の人々と学生はすべてネットに応じてゲストハウスやペンションを予約することが好きで、またいくつかの小規模農家のホテルです。

観光ガイド:観光コースです。
1

ライン設計:D1西塘→→南D2南ライン指導:1日目:列車で到着した後、バスに乗って水郷古鎮-西塘観光に行き、午後には車で煙雨楼、「一大」赤い船、革命記念館を見学します。それから南に行って白鷺洲、中湖塘を遊覧して、荘に住みます。

2

2日目:早起きして鷹巣頂で日の出を見て、引き続き南談仙石、雲岫庵、載清別荘(金九避難所)などを見て、それから車で海寧塩官鎮に海海神廟、陳閣老宅、王国維旧居を見学して、潮の時間によって潮を見て、午後車で海寧革市場、徐志摩旧居に行った後、海寧から汽車か車で上海に帰ります。(観潮の季節でない場合は、茅盾の故里烏鎮に行って、午後は崇福藍縫繡布織や濮院、洪合羊毛衫市場に行って、ショッピングをしてから上海に戻ります)。

旅行のヒント:宿泊です

の宿泊はとても便利で、市内の多くのお酒、ホテル、異なるニーズを満たすことができます;また、有名な古鎮には地元住民が提供する民家や旅館もあり、水郷の生活を直感的に感じることができ、価格もリーズナブルです。ネットに応答して酒の宿泊を予約することができて、あなたは比較することができるため、最も安いを選択して、このようにあなたの局は部屋を見つけることができないことを恐れる必要はありませんと人にだまされた。

旅行のヒント:食べ物です
1

の飲食文化は歴史が長くて、濃厚な特色を持って、ここは杭州幇料理と上海料理の特徴を兼ねています;蟹、五芳斎ちまき、鴨文虎醬などの軽食も楽しめます。建国中路(交差点)に位置している五方斎ちまきは非常に有名ですが、必要はありませんが、その有名なので、価格の問題を心配して、実際には、消費は非常に安いですが、スナックのセルフサービスを選択した後、チェックアウト、ちまき、ワンタン、シュウマイなどを味わって、一人当たりの消費は10元に十分です。

2

船菜は杭幇料理と滬菜の特徴を併せ持っています。川が多く、水運が発達しています。昔から、船で作られたおいしい料理は数え切れないほどあります。船菜とは、文字通り船の中で作られ、船の中で食べられるごちそうです。船の料理はかつて名声を得て、当時の遊覧船は一般的に後室に厨房があり、船嬢たちはあまり大きくない船室の中で、爆、炒、燎、煮、揚げ、あんかけ、あんかけ、煮炊きなどの妙技を発揮していました。「船」のため、様々な料理と具材を用意し、いつでも客の挨拶を待っていました。

3

船の料理は高くて精密で、原料は主に特色の新鮮なから来て、例えば魚、エビ、カニ、うなぎなど、特に原料の新鮮さと調理の腕前に注意します。船の料理の品目があります:五香ハト、翡翠蟹斗、蜜汁火の方、和合二鮮など、多くの料理は船の上で生きて捕らえて、生きて殺して、今調理して、今食べて、すばらしい絶口と言うことができます。エビ、エビ円、カニ粉、蹄筋、白キクラゲ、ハスの実などがあり、有名な料理はカニフカヒレ、八、魚の腹、鼈スカート、ハム棟、蒸し肉などがあります。

4

有名な特産の菱、丸くて角がなくて、肉質はとても柔らかくて、また菱、ワンタン菱、和尚菱などと言って、普通菱はすべて角があって、だから「菱角」と言って、しかしの菱は角がなくて、言うことができて珍しいです。その皮の色は緑で、両端は滑らかで、そして皮は薄くて、肉は柔らかくて、汁は多くて、甘くて脆くて、さわやかな香りで他の同類の品種に勝って、生で食べることができて、熟して食べて、その上製菓、ごちそうや酒、製糖を作ることができます。

5

生食者は色を選んでみずみずしくて、特にちょうど水が出る時味は更に良いです;お惣菜は選んだ色の黄茶色の古い菱、洗った後に煮て、味は甘くて濃厚で、肉はもちもちしていておいしいです;風菱を食べる人は黒い烏菱を選んで、きれいに洗った後に風の中で乾かして、それから菱の肉をむいて食べて、この時肉質は堅くて、しかし香りは奇妙で、味は美しい滋口です。粽の歴史は悠久で有名な華夏、粽は長方形で、新鮮な肉、あん、八宝、鶏肉粽などの品種があります。ちまきは「五芳斎」が一番で、「ちまき大王」と呼ばれています。粽は材料の選定から料理まで独特なところがあります。米は上等な白もち米、肉は豚の後足から精選して、粽は熟した後に、脂身の油が米の中にしみ込んで、口の中は美味で、脂ぎっていて飽きません。多くの国内外の友人が粽を味わった後、知っている地名です。

6

八珍餅は西塘の伝統的な特産物で、早くも1920年に西塘老漢方医の鐘道生が「外科正宗」の古方と自分の臨床経験によって初めて製作しました。1956年までずっと鐘介福堂で漢方薬の生産と販売をしていました。公私合弁になってから、餅を作る労働者ともとの配合物が西塘食品に移り、生産量が大幅に増えました。

旅行ガイド:ショッピングです。

土産物には角菱、蟹、五芳斎粽、文虎醬鴨、桐郷杭白菊、平湖糟蛋、海寧西瓜、西塘八珍餅などがあり、工芸品には黒陶、絹の服装、平湖絹織毛布、硤石灯彩、包丁、海寧革、桐郷藍印紙などがあり、旅行ショッピングの第一選択です。市西郊の320国道上にある洪合羊毛衫市場は最大の羊毛衫市場の一つです。この市場は115 km、南は92 km、北は72 kmで、滬杭高速道路の出口からわずか6 kmしか離れていません。

旅行の攻略:イベントです
1

毎年陰暦8月16日から19日まで、海寧塩官で中国国際銭江観光祭が開催されます。伝統的な観光の風習を継承する上で、多彩な大規模な歌舞や伝統民俗風情の展示イベントも開催されます。古代の長江沿いの人々が観光を楽しんだ様子を再現しています。花灯篭の点灯、水上綱引き、ボート漕ぎ、カヌーパフォーマンスなどの水上遊覧プログラムがあります。

2

興南興旅祭湖旅祭では毎年5月に花灯篭の打ち上げ、水上綱引き、白船踏み、カヌーパフォーマンスなどの水上遊覧プログラムが行われます。旅フェスタの期間中には、ちまき祭り、農民絵画展、民俗芸術展や写真書画展などの民間イベントも開催されます。西塘観光文化祭旧暦4月の祭り期間中には「4月3日」の西塘民間縁日、西塘風情写真展、ホトトギス展、黄酒伝統工芸陳列、グルメ展などのイベントがあります。

旅行ガイド:注意事項です

観光では花灯篭、水上綱引き、白船踏み、カヌーショーなどの水上遊覧プログラムがあります。観光節の期間中には、ちまき祭りや農民絵画展、民間芸術展や写真書画展などの民間イベントも開催されます。毎年旧暦8月16日から19日にかけて、海寧塩官では中国国際銭江観光祭が開催され、伝統的な観光風習を継承する上で、多彩な大規模な歌や踊りや伝統民俗の展示イベントが行われます。市は暖かい(中)亜熱帯から冷たい(北)亜熱帯への過渡地帯にあります。気候は穏やかで、雨が豊富で、四季がはっきりしています。

推奨情報