ぎじゅつ

1582現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

旅行の攻略(一)行程、ルート及び観光地の紹介です

2018-04-06 20:48:59

「五百年の風景を見れば、五千年の風景を見れば」ということわざがあるように、一帯一路の経済建設の推進に伴い、古代シルクロード、河西回廊、及び山陝地区の観光熱もますます高まっている。省は黄河の東、太行山脈の西に位置し、昔から「表裏山河」と呼ばれていました。春秋時代より、周の武王の息子の姫虞は晋の開国諸侯に封じられました。五代十国から北宋の時期まで、遼、宋、連年の征戦、また兵家必争の地と称して、省が残してきた物質文化遺産と無形文化遺産は十分に中華民族が容乃大の民族であることを体現しています。中国の昔から今までに入ります!ここからは、旅のスケジュールや観光スポットをご紹介します!

方法/手順です
1

深泳ぎをするなら、自走、自走、自走がおすすめです。次は省都市図です。参照してください。旅行のお勧めの都市は市、市、介休市、市、市、市、市です。市の見所は主に晋陝大峡谷の黄河壺口瀑布です。市は省の西に位置していますので、時間に余裕がなければ黄河壺口瀑布を観光に利用することもできます。

2

以下はドライブのルート図です。このドライブコースは、遠距離で飛行機に向かう場合には、武宿空港でレンタカーを借りてドライブコースを利用することができます。市→市(太→)→介休市→市(県→県)→市県→市県→市→→市

方法/ステップ2
1

観光地の紹介です

2

1。晋商文化関連の観光スポット曹家大院(市県)喬家大院(市)渠家大院(市昭余内)王家の大院(市県)(市県)2です。古代の軍事的な砦のスポット張壁古城(介休市)雁門関(市)3.文化的な原型を持つ自然風景に関するスポット山風景区(市)北岳風景区(市)4。鎮国寺(県)双林寺(県)南禅寺(県)仏光寺(県)山黛螺頂、五爺廟、塔院寺、顕通寺、菩薩頂、羅睺寺(県)木塔()5。景区市(壁華厳寺)城壁ナイトツアー(自転車に乗って、噴水を見ることができます)石窟博物館市晋祠飯街永祚寺博物館青銅器博物館

方法/ステップ3です
1

おすすめ指数を紹介します

2

1 .晋商文化関連大院君★★スポット曹社(景胜地混乱理、景胜地の周辺環境が悪く、个人経営、ホームショッピングのチケット)できた大院君乔家★★★★★★★★渠の前庭ミヤ王家大院君★★★★★★★★★★

3

2.軍事堡塁観光地張壁古城★★★★★雁門関★★★★(景区理少し悪いです)

4

3.山風景区★★★★★北岳風景区★★★★★懸空寺★★★★★★

5

4 .古代建物関連スポット通り仏光寺★★★★★★★★★★木塔を他の建物が、あっぱれの好みによって二つ以上は強く推薦の木は世界3大奇塔の一つ、出なければ滅んピサの斜塔やエッフェル塔を见たら、我々の国の贵重な富が先に见てみましょう

6

5.景区市★★★★★石窟★★★★★★青銅器博物館★★★★★青銅器博物館の館蔵はなかなかのもので、多くは省の努力を経て海外から回収された国家一級文物です。また青銅器博物館2Fはデジタル博物館で、特に子供が見学するのに適しています。

自家用料金です

以上の観光スポットは、8日間(往復飛行時間を含む)、自運転のいくつかの部分は、参考に供するために使用されます。レンタカー代は車種によって値段が違います。2.高速料金は200元ぐらいです。3.8日のガソリン代は600元ぐらいです。駐車代、打車料金合計200元ぐらい(都市内の観光地は打車で行くことができます)

注意事項です

※注意しなければならないのは車を受け取る時あなたの行程によって都市の現在の状況に注意してシングルナンバーかダブルナンバーを決めます。市内の罰金は4時間ごとに100元です

推奨情報