ぎじゅつ

1135現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

旅行ガイド<s:1>実用版を凝縮しました

2018-03-24 12:48:22

着いたら海に入るに決まっていますから、水着、水泳用メガネ、耳栓も用意しておきましょう。着替え(昼夜の気温差が大きいため長袖必須)、日傘、帽子、サングラス、ビーチサンダルも必要です。薬も少し用意します。抗アレルギー薬、風邪薬、下痢止め、痛み止め、絆創膏、目薬、消毒綿などです。また、魚介類を食べるには、ペチジン酸とフラネクチンを少し持っていきます。、カメラと充電器を忘れてはいけません。ウォークマンや紙、ペンを持っていく必要がありますし、自分の好きなお菓子や食べ物も用意しなければなりません。そして肝心なのは、現金をしっかり持っていくことです。宿泊施設や大きなショッピングモール以外では、クレジットカードは使いにくいですし、atmもなかなか見つかりません。

一、宿泊です
1

大入居をお勧めします。湾は3つあります「大」「湾」「亜」です大きな利点は、近くの都市部から、ショッピング、食事、外出、娯楽、夜のビーチでは、花火、騒ぐ中静かで、経済的なメリットです。

2

お酒はビーチのお酒か、プライベートビーチがあるお酒がベストです。金を払ってまでオーシャンビューの部屋に泊まる必要はありません。実は、毎日夜寝る以外、部屋にいる時間は多くなくて、欄間に乗って海を眺める興味がある時、早くも直接海に向かって走りたいです。このほか、の古い酒は多くて、最も良い入居して新しく落成した酒、そのハードウェアの施設は相対的に比較的に良いです。ENDです

二、交通です
1

1、空港は市内から20キロ、空港は市内にバス(運賃10元)が直接あって、タクシーの価格は30元ぐらい抑えます。空港で迎えに来たタクシーの運転手さんは、無料で観光できますよ、観光地がいいですよ、と熱心に案内してくれます。「無料ランチなんてない」と信じましょう。彼らはあなたにお金を払わせてくれます(チケット代、食事代、買い物代、彼らはすべて歩合制です)。タクシーに乗って2条を覚えます:1はハイヤーしないので、2は彼の推薦のいかなる地方遊覧あるいは消費に行きません。

2

2、のタクシーの価格はすべて値切ったので、彼らが時計を打つ必要はありません。基本的に、市内のすべては5元(ピーク7元)で、大きいのは5元まで(へ)、大きいのは10元まで(へ)、大きいのは20元まで(へ)、大きいのは岬まで(へ)25元を超えません。タクシーの運転手さんは法外な値段をつけることが多いですから、思い切って切ってください。ホテルのボーイさんに車を呼ばせないで、自分でホテルの門を出て道に出て車を止めます。

3

3、の運転手はリベートを稼ぐことで有名です。wuzhou島には、チケットの合計は123元/人が、ドライバは、60元までのリベートを得ることができる人を送ったので、タクシー料金を払っていませんが、誰かがあなたに行くには、しかし、彼らはまだあなたのような駆け引きをする場合は、断固として暴利の背後にあることを明らかにします。uターン時には、リベートがないため、彼らのオープン価格はさらに高く、確かに少ない場合は、一時的に数人の車の相乗りを見つけることができます。

4

4、バスは十分に利用すべきです。市内には1本の主要な通り(道)だけがあり、南北、主要な観光地、ショッピング、グルメ目的地はすべてこの道を座標軸にすることができます。202番の公共交通バスはとても便利で、便数はたくさんあります(すべて席があります)、切符販売員の運転手は親切で、安いです(無人で切符を販売する1元/人)。どのように本当に都市を感じて、バスに乗ります。

5

5、亜経大から岬まで、また2階建ての観光バス、半時間に1本です。大きくて岬まで、亜5元、岬まで亜8元、途中で景色を観賞して、とても旅行者に適します。中国バスの料金も5元以内ですが、秩序は少し乱れています。市区の中で、人力の三輪車(2元の天井)に座ることができて、しかしオートバイは最もよく座ってはいけません。ENDです

三、遊びます
1

ただ自遊人に適して、団体と合うことができなくて、すべての地方の景色はあまり違わなくて、ただむ支洲島に行くことを提案します。愛する人と、海辺でしばらく生活して、静かで、それは確かに1件のとても楽しむ事です。

2

1、亜の砂浜と酒はすべて悪くなくて、一見する価値があります。チケットは不要で、砂浜に沿って歩いて入ることができます。ビーチはきれいですね。さあ、あなたはどこへも行かずに、毎日この砂浜にいても損はありません。水泳、散歩、デッキチェアでの日光浴は快適です。ハンモックを見つけて遊んだらいいですよ。

3

もし歩くことが好きならば、亜の砂浜に沿って提案して、亜広場から歩いてシェラトン酒まで(へ)、帰ってくる時、万毫の酒を通り抜けて、大通りを歩きます。ここは人が少なくて、その静かさと遐かな気持ち、まるで自分の家の花園の中を散歩しているようです。

4

2、wuzhizhou島に行く前に天気を把握するには、風や波は、島に行くことはできません。wuzuzhou島の海の清、白いビーチは、"夏の日のお茶"のようなビーチです。百支洲島の最も美しい景色は恋人の橋で、岸に立って浅い海のところの海底の珊瑚礁を見ることができます。島の観日岩は一見の価値があり、そこにはどこまでも海が広がっていて、青い空と海が連なっていて、とても壮観です。

5

島には観光バスがあり、全島を周遊することができます(その半分は徒歩では入れることができません。80元/位、また1枚の景色のVCDを送ります)。ムジジュは風が強いので、コートの準備が必要です。お酒をフル活用するためのバスローブやバスタオル、スリッパなどは、持っていくと必ず必要です。

6

ムジジュ島にはウォータープログラムが充実しています。ダイビングはとても悪くなくて、主に岸のダイビングと船のダイビングがあります:オファー380、580元/回、ダイビングの前に誰もが教えてくれる常識の理論ダイビング。泳げなくてもいいのですが、スキューバダイビングでは昇降をインストラクターがデバイスでコントロールしています。

7

バナナボートは三人乗りで、水着を着ないとずぶ濡れになって海に投げ出されますが、安全です。誰かがあなたを助けてくれます。「タイタニック」一回の感じです。モーターボートの価格は150元/10分、男の子と女の子の場合は、その後、男の子のイニシアチブ後に座る必要があります、非常に簡単に後に振られるので、安全に注意する必要があります。海上は傘を引きずる価格280元/回で、大きい馬力の高速艇でパラシュートを引き上げて、高速艇の快速に頼って傘を空中で翻します。

8

3、境洲の島があると聞いてとてもいいですが、遠くて、帰るのに3時間以上かかりますから、短いのは行かなくてもいいです。鹿が振り向く公園、岬、寺、大小の洞窟の日は行かないでください、人はまた多くて、入った後に本当に何を見ましたかを知りません。もちろんお酒にも飽きたし、ビーチにも飽きたし、1つや2つスポットを選んでみるのもいいのですが、ひとつでも行かなくてももったいないことはありません。

9

4、ドライブ旅行を試みることができます。おそらく中国で最もオープンカーに適した都市です。レンタカーを借りて、有名な大通りの椰夢回廊までドライブに行きましょう。海岸に打ち寄せる波の音を聞き、潮風を呼吸し、場所を変えて海の景色を眺めながら、道を南から北へ走ります。大通りは湾までまっすぐで、最初から最後まで約30分かかります。途中には海鮮屋台やリゾートもあるので、疲れたら何か食べて、思う存分楽しむことができます。ENDです

四、美味しいものです
1

名刺が配られたり、フリーライドで送迎してくれるような安物の屋台は、ためらっても食べないことを忘れてはいけません。信じられないなら,後悔するのを待てばいいのです

2

朝食はホテルでとり、昼食は済ませ、肝心の夕食は市内で済ませることをおすすめします。ホテルの朝食は午前10時半に終わるので、安心して目を覚ますことができます。また、お酒の正餐はできるだけとらないことをお勧めします。

3

この行の重要な活働の一つは海鮮を食べることです。海産物を食べるのに一番いい場所は二つあります。一つは大きい東の郊外の椰子林で、小さい情緒で有名なので、調理の手法は多様で、同じく相対的に少し高いです。おすすめ:タイガーフィッシュ+白豆腐のスープ=鮮度が抜群です。搾りたてのココナッツジュースやマンゴージュース、ココナッツライスも美味しいです。もう1軒は有名な「春園海鮮広場」で夕食を楽しむことをおすすめします。注意してください、「春園」です。「春源」や「春遠」ではありません。多くのタクシー運転手はとぼけたふりをして「春源海鮮屋台」という場所に連れて行きます。本当の春園はそこから歩いて6、7分かかります。

4

春園海鮮広場は40余りの屋台のハウスで、中に入ったらまず一番奥の屋台で海鮮や野菜を買って、それから出てきてたくさんの屋台の中で1軒を選んで加工します。食べる方法は主に鍋、また、魚介類の簡単な蒸し、炒め処理を行うことができますが、出店者は対応する加工費(炒め/蒸し加工費5元斤、鍋20元鍋底、加工3/斤。)

5

でもです!しかしもう一つのもっと良い地方は雪の姉さんの海鮮で、春園の向かい側です。特に推薦するのは春園海広場の向かいの雪姐の海鮮で、理由はとても簡単です:ここの海鮮は春園より1/3安くて、味は本当にすばらしいです。見ないと後悔しますよ。

6

魚の中の蘇眉は最もおいしくて、石斑の青衣はすべて悪くありません。あわびもおいしくて安いのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。三眼蟹もありますが、大きくはありませんが、肉が柔らかくて、食べると新鮮なのがわかります。地元の野菜である四角豆、五種山菜もいいですね。

7

覚えて、春園海鮮広場は都市楽園の北500メートルにあって、大橋を渡ってから、延西河西路ずっと北に着きます。202 \ 12路線の公共交通バスに乗って果喜大酒(吉祥街)に行くことを提案して、吉祥街に沿って右に曲がって500メートルすぐに着きます。ENDです

五、買い物です
1

いつも何かを持って帰って、3つのカテゴリに集中しています:お土産(スナック)、魚介類、果物、貝殻。これらは都市部で買うことができます。買い物はなるべく観光地では買わないようにしています。

2

お土産は市内の大きいスーパーで買うのが一番です。当地最大のスーパーは旺豪スーパーと万福隆があります。いずれもバスターミナルの近くにあり、202番の公共交通バスで行けます。お菓子やお土産を買うことができます。ココナツの方がおいしいと思います。ココナッツシュガーが特産で、グミはもっとおいしいです。ココナッツパンケーキもとても美味しかったです。旺豪スーパーでは無料で段ボール箱に梱包することもできるのでとても便利です。

3

4

5

ENDです

推奨情報