ぎじゅつ

489現在のオンライン
111今日の読書
10今日のシェア
多言語ディスプレイ

子供の開発知力玩具はどれらがあります

2018-03-28 01:36:12

子供の知力のおもちゃの開発は、赤ちゃんの知力の発育を促進することができます。阿友先生も実際の生活の中で、自分の赤ちゃんに知力の開発のための小さなおもちゃを買って、よくあるおもちゃについて、私は一部をまとめて、保護者の助けになることを望みます。

方法/手順です
1

ベルリング:生後3ヶ月の赤ちゃんはベルリングを片手にして遊ぶことができます。彼らは触覚、感覚、視覚、味覚の作用を試し始めます。手で触って、手の感触を味わってみたり、目で色を見てみたり、口で味を味わってみたりします。

2

ボール:生後6ヶ月の赤ちゃんは、何でも動くことに興味があります。転げるカラーボールが一番魅力的です。手で押すとボールが前に転がります。赤ちゃんは這ってボールを追いかけたりもします。お母さんが一緒に遊んであげると、もっと素敵です。

3

積み木:生後8カ月の赤ちゃんはいろいろな発見をしています。おもちゃや家具などいろいろな道具を知っています。あるものはふわふわしていて、あるものはカチカチで、あるものは角張っていて、あるものは丸いものです。積み木を前にして赤ちゃんは両手を使い始め、二つの積み木がぶつかると音がすること、一つの積み木が一つの積み木よりも高くなること、そしていくつかの形に積み木を組み立てることができることを学びます。

4

復台形状盒:これは子供に物の形を観察する訓練をする玩具で、この玩具を通して、子供はある形の開口部が同じ形の物しか通ることができないことを認識することができます。生活用品のさまざまな形を理解させるおもちゃは、生後18カ月の乳幼児に適しています。

5

砂遊び:すべての幼児は砂遊び、水遊びが好きで、18ヶ月後の幼児は何でも口に入れてはいけないことを理解して、砂遊びをさせることができます。シャベルや熊手、桶などのガジェットを用意し、子どもが創造力を発揮して砂をいろいろな形に作っていきます。

6

人形:2歳の大きい幼児はすでに箇性の表現があって、この時彼らはすでに自分の好きと嫌いを表現することができます。そこで必要になるのが人形です人形のおもちゃがあるならば、特に女の子たちはお母さんが自分のように人形に対処することができて、人形のために顔を洗って、服を着て、餌を与えて、ほめてあるいは人形を責めました。

7

カップをたたむ:1人の2歳の大きい幼児にとって、カップをたたむおもちゃは最も変幻無限の遊びで、高い塔をたたむことができて、また1匹のカップを縮めることができて、また小さい積み木あるいは他の小さい東をカップの中で更に探します。このような遊びを通して、子どもたちは目に見えなくても実際にあるものがあることを知ることができます。

8

絵本:目や口、手を通して知っているものが多い2歳児が、絵本の中で知っているものを見つけることができたら、どんなに楽しいことでしょう。もちろん、絵本でいろいろなことを教えてあげることもできます。この手の絵は、もちろん線がシンプルで、色がはっきりしていて、ひと目で何だとわかるものです。

9

おもちゃの車:2歳末に着いて、幼児はすでに基本的に自分の体の各部位を制御することができて、「小さい車」を運転することができて、速く運転することができて、ゆっくり運転することができて、「大きい馬」に乗ることができました。もし「小さい車」はまた彼ら自身のいくつかの小さいおもちゃに乗ることができて、自分は運輸の運転手になることができて、それは本当に楽しいことが尽きません。

10

引っ張る働物のおもちゃ:幼児は「働物」を引っ張ることに夢中になります。このロープにはこのような引っ張る力があるのだと理解します。乾電池を使った電動おもちゃ車よりも、はるかに刺激的です。

注意事項です
1

もちろん、オルゴールとか、ああとか、いろいろな種類の知育玩具がありますが、友先生は、のどに入りやすいおもちゃ、ビー玉などは買わないほうがいいと注意しています。

2

上記の画像はインターネットからのものです。

推奨情報