ぎじゅつ

906現在のオンライン
66今日の読書
49今日のシェア
多言語ディスプレイ

どんな習慣がありますか?

2018-03-20 14:24:25

そういえば、遺伝子よりも日常の習慣のほうが重要なのかもしれません。

方法/手順です
1

1.働物とたくさん触れ合います。ペットは高齢者に温みを与え、ストレス解消のために相談相手を持たせます。ペットとふれあう人は、血圧、コレステロール、トリグリセリドのレベルが安定しています。パデュー大学で人間と動物の関係を研究しているアラン・ベイカー博士によると、猫や犬のほかにも、家に水槽を設置したり、小さなオウムを飼ったりすることも役に立つそうです。家でペットを飼うのが嫌なら、動物園や水族館で小動物と触れ合ったり、動物シェルターのボランティアをしたり、近所の犬をよく散歩させたりするのも同じ効果があります。

2

毎日必ず音楽を聞きます。カリフォルニア大学デービス校の認知神経科学者ピトル・ガナータ博士によると、音楽を聴くことで不安を和らげたり、睡眠を助けたり、記憶力を高めたり、傷の治癒を促したり、ストレスに関係するストレスホルモンであるコルチゾールのレベルを下げたり、免疫力を高めたりすることができるそうです。高齢者にとって、毎日音楽を聴くことは、血圧を下げたり、関節炎の痛みを和らげたり、脳卒中の回復を早めたり、認知症の進行を抑制したりする効果もあります。米マイアミ大学医学部のクマール教授によると、音楽はポジティブな感情や態度を呼び起こし、特に朝の早いテンポの楽しい音楽を選ぶことで、1日の良い気分を維持することができるそうです。

3

よく笑い出します。メリーランド大学医学部の心臓病学者マイケル・ミラー博士によると、笑いは人体に変化を起こし、免疫系や内分泌系の機能を改善させるといいます。そこでミラー博士の処方箋は、自分が楽しいことを見つけて、声を出して笑い、その喜びを他人に伝えることです。

4

4.週末は自然に戻ります。イェール大学の社会生態学者であるスティーブン・ケレット博士は、屋外に出て自然に戻ることで、気分や自信を高めることができると述べています。イギリスのエセックス大学の研究によると、自然界との接触が多い人は、怒りやうつ、緊張が少ないことがわかっています。屋外でのウォーキングや自転車などの低強度の有酸素運動は心臓病のリスクを下げることができます。早足で歩く、釣り、ボート漕ぎ、野菜や花を育てるなどの運動はアウトドアに適しています。近隣に山や海がないことを気にせず、週末を利用して地元の公園や植物園などのグリーンベルトに足を運ぶのも同様の効果があります。

5

5.毎周2時間を熱心に人を助けます。研究によると、友人や親戚、隣人を助けている高齢者は、これまで他人を助けなかった高齢者に比べて、明らかに幸せを感じており、健康であることがわかりました。アメリカの予防医学の教授であるスティーブン・ポスター博士によると、70歳以上の高齢者は年間100時間(週に2時間)のボランティア活動に参加することで、うつの緩和、体重の減少、不眠症の減少、免疫力の強化など、さまざまな保健の恩恵を受けることができます。

6

6.太極をやってみます。太極拳の働作は軽くて、沖撃力は小さくて、ほとんど人人のすべて適する運働で、特に老人です。太極拳をすることで不安や抑うつを緩和し、睡眠の質を改善し、高血圧や線維筋痛などの慢性的な痛みを緩和することができます。

推奨情報