ぎじゅつ

822現在のオンライン
105今日の読書
48今日のシェア
多言語ディスプレイ

蔣思はどんな小説を書いていますか

2018-04-01 16:00:59

蔣思思蔣呈の小説の題名は『後知後覚』です。『後知後覚』は蜜柑醬香餅が晋江文学城で連載した都市恋愛小説です。蔣思思は目をこすって、夜中の二時三十五分を見ました。寝室を見回してみんな熟睡していました。それからくるりと背を向けてまた頭を布団にかぶって声をひそめて言いました。「早く帰ってください、用事は明日言います。こんな夜に何吸うんですか。」「帰りません。出てきてください」アルコールの触媒の下で、蔣呈の話も叩頭し始めます。藍渓は蔣思思を引っ張って学校の入り口の1軒のミルクティーに来ました。今は昼休みですが、六月に近づくともう暑くなります。学校では学生たちが昼休みに忙しいので、ミルクティーの中にはメンバー以外誰もいません。藍渓は金柑レモンティーを二杯註文して、それから隠れ家を探して、蔣思思と一緒に腰を下ろしました。蔣思思の眼はまだ赤くなっていましたが、藍渓はその様子を見て、手をあげて彼女の手の甲に触れました。「焦らないで、具体的にどういうことなんですか?」と、藍渓は蔣思思に尋ねました。彼女の印象では、蔣松はいつも正直な商人でした。蔣介石の家は不働産業から身を起こした家で、中でも顔のある家です。蔣思思は頭を下げて、声が沈んでいます:「ある人は上に行って私の父の贈賄を告発して、それから規律検査委員会の人が調べに来て、今すべての物件はすべて操業を止めました。」「じゃあ蔣さんは?」それを聞くと、藍渓も少し顔色を悪くしました。

推奨情報