ぎじゅつ

865現在のオンライン
150今日の読書
16今日のシェア
多言語ディスプレイ

ハンダごてで溶接する時、ハンダと接触して煙が発生します。原因は何ですか。人体に有害ですか

2018-04-12 04:48:56

ハンダごてで溶接する時、松の香りで加熱すると煙が出ます。生成した煙は人体に有害です。はんだ付けの過程で発生する煙が鉛を含んでいるため、周知のように、鉛は重金属に属して、有毒なので、長期的に人体に有害です。一番良いのは、排風を受けて、換気扇のようにガスを外に出すことです。資料のハンダごてを拡張して調節式の衡温ハンダごてを使って比較的に良いです;ふだんハンダごてを使わない時、ハンダごての口に一定量の錫を保持させなければならなくて、ハンダごての口をスポンジの上で清潔にした後にハンダごての棚の上で保管してはいけません;スポンジは一定量の水分を保持しなければならなくて、スポンジを一日中湿らせます;ハンダごてを持って使い始める時は、ハンダごての口を清潔にします。しかし、使用中にハンダごて口をスポンジの上で掃除する必要はありません。ハンダごて口の錫を集錫カートリッジに入れるだけで、急激にハンダごて口の温度が下がることはありません。ICに錫がある場合は、ハンダごて(ハンダにフラックスが含まれているため)、さらにハンズをかければ、簡単にたくさんの錫を取り出すことができます。ハンダごての温度は340~380度の間は正常な状況で、もし一部敏感な要素は240~280度の溶接温度を受け入れることができます;焼きごての髪の毛は黒くて、刃の類の金属の装置で処理してはいけなくて、松の香りあるいは錫の糸で解決しにきます;毎日使い終わったら、掃除をして、錫をたっぷり入れて、すぐに電源を切ります。参考資料:百科-ハンダごて

推奨情報